【おすすめ】美容師が教えるメンズワックスランキング

 きし
このカテゴリでは、自分にぴったりなスタイリング剤を探せるように、メンズワックスをできるだけ分かりやすくご紹介します。

人前に出る機会が多い大人だからこそ、身だしなみを整えるのは当然のこと。ヘアスタイルにおいてスタイリングは身だしなみを整えるようなものです。

そんなスタイリングにおいてヘアワックスは必需品です、そんなスタイリング剤も髪やヘアスタイルに合ったモノを見つけることで、今よりもっと簡単にスタイリングができるようになります。

下の項目を意識しながら選ぶことで、スタイリング剤選びが失敗しにくくなります!

ワックスを選ぶ3つのポイント
  • 「ソフト」か「ハード」
  • 「動かす」か「まとめる」
  • 「ドライ感」か「ウェット感」

さらにワックスを選ぶ時に必要になる知識をまとめてみました、タップするとご覧いただけます。


ワックスに必要な知識まとめ

【基礎知識】スタイリング剤の基本を美容師が解説

 きし
何気なく使っているスタイリング剤、でも実はあんまりよく分かっていない人は少なくありません。まずはスタイリング剤の基本から知りましょう。

つま

自分に相性の良いアイテムを選ぶ前の参考にしてくださいね。

パーマやヘアカラーなどいろいろと髪のおしゃれが楽しめる時代から、ドライヤーやコテ、アイロンなど自分で気軽にスタイリングを楽しめる時代になりました。

でも楽しめる時代だからこそ、ヘアスタイルへの欲求(クオリティ)が高くなり、いつしかスタイルを再現してそして維持するのは、自然に髪を乾燥させただけでは難しいものばかりになっています。

そのためにスタイリング剤というのは必需品となっています。そんなスタイリング剤は、タイミングや使用量またスタイリング剤の特徴を理解することでその効果は大きく変わってきます。

スタイリング剤のさまざまな種類

【ワックスの全種類解説】美容師がそれぞれの特徴と違いについて解説

 きし
スタイリング剤の種類と言えば、ワックスやムースやスプレーと色々とありますよね。

スタイリング剤と言えば、「ワックス」や「スプレー」だけではありません。

それ以外にもさまざまな種類かあるのです。

  • 固形型タイプ(ファイバー・ドライ・クリーム)
  • ジェルタイプ(ジェル・グリース・ジェリー)
  • スプレータイプツヤ・ムーブ・ホールド
  • ムースタイプ
  • ウォータータイプ
  • パウダータイプ
  • カラータイプ

このように実は7種類ものワックスに分類されています。

スタイリング剤を選ぶときにまず迷ってしまうのは種類の多さです。

髪質や、スタイルに合わせて使いやすいように、種類が多い特性が逆に、スタイリングする人を迷わせているのが現状です

これらを自分の髪質やヘアスタイルに合わせて使い分ける必要があります。

ワックスは「髪質に合うもの」を選ぶ

【MILBON(ミルボン)のワックス集】美容師がおすすめする全スタイリング剤(ジェリー・スプレー)

つま

スタイリング剤は闇雲に選べばいいと言うものではなく、あなたに合ったものを選ぶ必要があります。

 きし
そこでいくつかのポイントを話します。

今お使いのスタイリング剤が、あなたの髪に必ずしも適正なものとは限りません。

その確認方法は、 やはり美容師に相談するのが一番です。

カウンセリングやカットの際にあなたの髪に触れている美容師だからこそ、髪に関する正しい知識に基づき、ヘアスタイルに対して的確なアドバイスをしてくれるでしょう。

スタイリング剤をつける目的

そこで、そもそもなぜスタイリング剤をつけるのかを考えましょう。

  • ふわっとさせる
  • ボリュームをおさえる
  • 髪を立てる
  • スタイルをフラットにする
  • 動きをつくりたい
  • ウェットスタイル
  • ドライスタイル(マット)
  • 固める
  • サラサラにする
  • ツヤツヤにする

髪質やヘアスタイルによって、スタイリング剤をつける目的が変わるとともに、必要なスタイリング剤な変わります。

例えば、ショートで動きが欲しい人はハードタイプ、ロングで動きが欲しい人はソフトタイプ…のようなイメージです。

 きし
最近では、ソフトorハードというような使い方ではなく、ソフト+ハードでワックスを混ぜたりすることで自分のしやすい粘度やキープ力に調節したりもします。

スタイリング剤で「動かすのか?」「まとめるのか?」

ヘアスタイルをスタイリング剤で「動かすのか」「まとめるのか」によっても変えます。

ファイバータイプ

  • 髪が動きやすい
  • 初心者でも扱いやすい
  • 手ぐしで修正可能

クリームタイプ

  • 髪がまとまりやすい
  • 初心者〜上級者まで扱いやすい
  • 手ぐしで修正可能

 きし
動かすのか、まとめるのかというのは、ワックスの性質によってコントロールすることができます。繊維が配合されているファイバータイプはキープ力が強くはないけどもとても扱いやすいワックスです

 つま

スタイリング剤で「ドライ感?」「ウェット感?」

スタイリング剤では「ウェット感」か「ドライ感」もカテゴライズできます。

中級者〜上級者向けになりますが、ナチュラルな感じを出したり、おしゃれなスタイリングしている感を質感でコントロールできます。

ドライタイプ

  • セット力が高い
  • ドライ・マットな質感になる
  • 粘度が固く上級者向け

ジェルタイプ

  • セット力が高い
  • ウェットな質感になる
  • 量の調節が大事で上級者向け

 きし
質感をコントロールすることで、スタイリングをワンアップさせることができます。使い方がとても難しいので他のワックスと組み合わせて使うことが多いです。

  1. ハードorソフト
  2. 動かすorまとめる
  3. ドライ感orウェット感

この3つのカテゴライズを、自分の中で持っておくとスタイリング剤を選びやすくなります

スタイリング剤の専売品と市販品の違い

【ワックスの違い】美容師がスタイリング剤の「美容室専売品」と「市販品」の違いを解説!

 きし
専売品と市販品にも違いがいくつかあるので分かりやすくお話します。

基本的には、「美容室専売品」や「プロフェッショナル用」などと記載されています。1つの目安の基準としてにはなりますが、それ以外にも色々とあります。

次に、「美容室専売品」と「市販品」のスタイリング剤の違いについてもお話します。「スタイリングできるならサロン専売でも市販でもどっちでもいい」というお声をよく聞きます。

確かにシャンプーやトリートメントに比べると、髪のダメージや補修力などはサロン専売でも市販でも変わることはありません。しかし、スタイリング剤でもサロン専売と市販でも大きな違いがあるのです。

 

これらのことを意識しながら選ぶと失敗は少なくなりますが、それでも実際につかったものでないと合っているかはわかりません。


 きし
そこで、ショートスタイルのぼく自身が、さまざまなスタイリング剤を使ってみて使用感の良かったもののみをまとめているので、自分の髪とヘアスタイルに合わせてスタイリング剤を選ぶ参考になればと思います。

読む前の注意点

スタイリング剤というのは、髪質やヘアスタイルによって相性は大きく変わります。そのためぼく(猫毛ショートヘア)の偏見と独断にて判断していますので参考程度にしてください。

 

1位 「カルドールワックスパウダー」

カルドール ワックスパウダー ハードメイクM

ピアセラボ

 

【ピアセラボ】「カルドール ワックスパウダー」を美容師が実際に使ったレビュー記事

 

ワックス ジェル スプレー 

女性用 男性用

カルドールワックスパウダーのレビュー
使いやすさ
(4.0)
キープ力
(3.5)
動きの作りやすさ
(3.5)
質感の良さ
(3.5)
髪のまとまり
(3.5)
コスパ
(3.0)
おすすめ度
(4.0)


このスタイリング剤の特徴

カルドールワックスパウダーの特徴は、名前の通りにパウダーの軽さを活かしているため粘着性が抑えられメリハリの効いた躍動感のあるフォルムをつくることができます。

  • デュアルパウダーテクノロジー(スライドパウダー&ロックアップパウダー)採用
  • フレッシュフローラルバニラの香り

仕上がりだけでなく使用感も良く、スタイリングもしやすいスタイリング剤になっています。

実際に使ってみましたが、かなり品質が高いヘアワックスになっていてメンズからレディースまで使うことができる

使用時は、揮発性が高くソフトワックスを使っているような使用感なのに、スタイリングしてから時間が経つとガッチリとホールドしてくれる、とおよそ理想通りのアイテムになっています。

ソフトな使用感なのでいくらでも手直しができるし、量を少し増やせばよりセット力を高めることもできます。

https://wax.kazukikishi.com/wp-content/uploads/2019/05/IMG_2034-2.jpg

つま

メンズからレディース(ショートくらい)まで、幅広く使用することができるアイテムなのでかなり気に入っています。

パウダー式スタイリング剤

もう一度詳細記事を見る

 

2位 「セッションレーベル コールパテ」

オージス セッションレーベル コールパテ

シュワルツコフ

【シュワルツコフ】「オージス セッションレーベル コールパテ」のヘアワックスを美容師が実際に使ったレビュー記事

ワックス ジェル スプレー 

女性用 男性用

コールパテのレビュー
使いやすさ
(2.5)
キープ力
(3.5)
動きの作りやすさ
(3.0)
質感の良さ
(2.5)
髪のまとまり
(3.5)
コスパ
(3.0)
おすすめ度
(3.0)


このスタイリング剤の特徴

オージスセッションレーベルの特徴は、理想のスタイルを創り、美しい髪を表現し、瞬時のスタイルチェンジも求められる、プロの仕事、そんな美容師たちのニーズに応える為に開発されたユニセックスなスタイリングブランドです。

  • パウダー・ワックス・ジェルの3タイプによって質感をコントロール
  • 男性でも女性でも使える使用感
  • ドライからナチュラル、ウェットまで作れる便利なラインナップ

一瞬で超ドライでマットな質感に加えて、ワックスなのに重くならず軽い仕上がりになるスタイリング剤です。

実際に使ってみましたが、マットワックスのドライ感、マット感、などうまく表現することできるヘアワックスでした。

さらにハードでホールド力も強く、ショートやベリーショートなどガチガチのスタイリングをするなら相性がとても良く、そのわりに手直しが何度もきくぐらいのホールド絶妙な加減はかなり良いものでした。

https://wax.kazukikishi.com/wp-content/uploads/2019/05/IMG_2034-2.jpg

つま

女性への使用感は置いておいて、男性への使用感はかなり良いものでマットワックスとしての品質も高めでした。

ガッチリスタイリング!!

もう一度詳細記事を見る

 

3位 「アリミノ メン ハードバーム」

アリミノ メン ハードバーム

アリミノ

【アリミノ】「メン ハードバーム」のヘアワックスを美容師が実際に使ったレビュー記事

ワックス ジェル スプレー 

女性用 男性用

ハードバームのレビュー
使いやすさ
(3.5)
キープ力
(2.0)
動きの作りやすさ
(3.0)
質感の良さ
(3.5)
髪のまとまり
(3.5)
コスパ
(3.5)
おすすめ度
(3.5)


このスタイリング剤の特徴

アリミノメンの特徴となるのは、ナチュラルなツヤをだしつつ軽さのあるヘアスタイルと相性が良いことです。

  • メンズ中心のヘアスタイルをつくりやすいスタイリング剤
  • 芳香・毛髪保護・デオドラント作用のあるアイテム
  • シトラス・ムスクの香り

人肌でとけやすく馴染みがよく、伸びも良いため髪にもなじみやすいアイテムです。自然なツヤ感と軽さをだしながら動きのあるスタイルをつくることができます。

実際に使ってみましたが、使用感も良くて使いやすいヘアワックスになっています。

伸びもよくて、揮発性も高いため絡まりにくく、ダメージのあるデリケートな髪にも使うことができます。

ガチガチのスタイリングには向かない内容になっているものの、ある程度のホールド力はあるためショートミディアムぐらいのスタイルとは相性抜群なはず。

https://wax.kazukikishi.com/wp-content/uploads/2019/05/IMG_2034-2.jpg

つま

実際に使ってみた感じでは、男性をターゲットにした使用感や香り、デザインなどになっています。スタイリング剤が苦手だけど、キレイにしたいなどといった悩みも解決できるアイテムになっています。

スタイリング剤が苦手という方にも使える内容になっていて、ワックス成分は少なめで自然成分のオーガニックが多めになっています。そのため多少のホールド力があるヘアクリーム的な使い方もできるのでおすすめ

天然由来97%配合

もう一度詳細記事を見る

 

4位 「ナカノ スタイリング ワックス」

ナカノ スタイリング ワックス 3Fライトハード

ナカノ

 

【ナカノ】「ナカノスタイリングワックス(ファイバータイプ)」を美容師が実際に使ったレビュー記事

 

ワックス ジェル スプレー 

女性用 男性用

 

ナカノ スタイリング ワックス 3F ライトハードのレビュー
使いやすさ
(4.0)
キープ力
(1.5)
動きの作りやすさ
(3.5)
質感の良さ
(4.0)
髪のまとまり
(4.0)
コスパ
(2.5)
おすすめ度
(4.0)

このスタイリング剤の特徴

ナカノスタイリングワックスの特徴は、ファイバータイプとクリームタイプの2つのラインナップからなるプロフェッショナル用のスタイリング剤です。

  • ファイバー6種+クリーム4種の計10の豊富なラインナップ
  • ヘアカラー退色予防成分を配合
  • 消臭、ダメージ補修効果

プロ好みの性能(手のひらでの伸びの良さ、程よいひっかかり具合など)や仕上がり感(ふんわり、ドライな感じなど)を再現しやすいヘアワックスです。

実際に使ってみましたが、髪への伸びがよくて、サラッとした質感、ヘアワックスとしての使用感はトップクラスでした。

ファイバーワックスはたくさんありますが、これだけホールド力がチョイスできるラインナップは超貴重です。

見た目のデザイン性も高く、使用する内容も良いワックスはかなり有用レベルで幅広い髪質やヘアスタイルに使うことができるはず。

https://wax.kazukikishi.com/wp-content/uploads/2019/05/IMG_2034-2.jpg

 

つま

ガチガチのスタイリングもできるし、ナチュラルなスタイルもつくることができるため、男性からロングの女性にまでおすすめできるスタイリング剤になっています。

クリームワックスと使い分けができる万能タイプ

 

成分から使用感までほとんどクリームタイプと類似しているため、ファイバーとクリームで自分のスタイルやスタイリングによって使い分けできます。

【ナカノ】「ナカノスタイリングワックス(クリームタイプ)」を美容師が実際に使ったレビュー記事

さらに、これだけの内容にありながら価格も安く、使いやすくなっています。

もちろん市販品よりは高めですが、それでもサロン専売の中では安めの価格帯。間違いなくおすすめできるスタイリング剤です。

ナチュラルな毛先の動きと毛束感

もう一度詳細記事を見る

 

5位 「ドレシアグラスプ」

ドレシア グラスプワックス

ミルボン

【ミルボン】「ドレシア グラスプ」のヘアワックスを美容師が実際に使ったレビュー記事

 

ワックス ジェル スプレー 

女性用 男性用

 

グラスプワックスのレビュー
使いやすさ
(3.5)
キープ力
(4.0)
動きの作りやすさ
(4.0)
質感の良さ
(3.5)
髪のまとまり
(3.0)
コスパ
(3.5)
おすすめ度
(4.0)

このスタイリング剤の特徴

ドレシアワックスの特徴としては、3種類の幅広いラインナップがあるので、女性だけでなく男性にも使えるスタイリング剤として、多くの髪質に合わせることができるスタイリング剤です。

実際に使ってみましたが、揮発性が高いクリームワックスなのスタイリングがしやすくて、乾くとしっかりとキープできるのでバランスが高いアイテムとなっています。

加えて、デザイン性も高くインテリアとしても十分。

https://wax.kazukikishi.com/wp-content/uploads/2019/05/IMG_2034-2.jpg

 

つま

私もお客様に使っていますが、かなり使いやすくて、ヘアスタイルの長さによっては使い分けますが、セット力もあるのでよく使うアイテムの一つです。

ハードワックスで強力なセット力

もう一度詳細記事を見る

 

6位 「ピース フリーズキープワックス」

ピース フリーズキープワックス

アリミノ

 

【アリミノ】「ピース プロデザインシリーズ」のフリーズキープワックスを美容師が実際に使ったレビュー記事

 

ワックス ジェル スプレー 

女性用 男性用

 


フリーズキープワックスのレビュー
使いやすさ
(3.0)
キープ力
(4.0)
動きの作りやすさ
(4.0)
質感の良さ
(3.5)
髪のまとまり
(3.0)
コスパ
(3.0)
おすすめ度
(3.5)


このスタイリング剤の特徴

ピース プロデザインワックスシリーズの特徴は、ディティール表現ができるクリームワックスです。

  • ディティール表現を可能にするハイパースタイリング
  • 独自のクリームフィルム効果で持続性アップ
  • 高精製オイル・天然植物種子配合

ただスタイリングをするだけのアイテムではなく、髪に優しく、かつ高いホールド力で、スタイリングにある悩みを解決してくれるラインナップ

実際に使ってみましたが、使用感も良いのポイントですが、やはり一番は香りが良いところ

従来のスタイリング剤は、何というか”ワックス臭”みたいな匂いがするのですが、それを消してくれるような心地よい香りは、とても好印象です。

とはいえ苦手な人には少し強すぎるかもしれません。

https://wax.kazukikishi.com/wp-content/uploads/2019/05/IMG_2034-2.jpg

 

つま

私も使っていますが、やはり香りが気に入っているのがポイントになります。その上でホールド力もあるので男性にはおすすめできます。

強力なセット力と立体的な束感

もう一度詳細記事を見る

その他にもたくさんのメーカー(ブランド)があるので、順番に更新しています。

スタイリング剤は、ワックスやジェル、ムースなどさまざまなアイテムがあります、自分の悩みに合わせたものを選ぶようにしましょう。