おすすめのスタイリング剤15選!

【ウェーボ デザインキューブ ワックス】おすすめのスタイリング剤!美容師が口コミ評価&成分解析の効果をレビュー検証

4 min
きし

きし

ヘアワックスでお悩みなあなたへ。当記事では良いと思うサロン専売の「ウェーボ デザインキューブ」をご紹介しています。これを見ればあなたにピッタリのアイテムに出会えます。どうぞご覧下さい。

どうも、40種類以上のサロン専売のスタイリング剤をレビューしてきたきしです。

ヘアワックスは、今や生活には欠かせないものになっています。

そのワックスでも、とくにおすすめできるのがデミの「ウェーボデザインキューブ」シリーズ。

人気の秘訣は、髪質やヘアスタイルによって選ぶことができる種類の多さにあります。

そこで今回の記事では、そんな人気のあるウェーボデザインキューブワックスについて分かりやすくお話します。自分に合ったヘアワックス探しの参考にしてみてください。
この記事の著者

美容ブロガー

きし かずき

Kazuki Kishi

PROFILE
プロフィール


運営者は、美容業界15年以上のキャリアがあり、当サイトの運営をしています。当サイトでは、主にシャンプー・洗い流さないトリートメント・スタイリング剤(ワックス)・ヘアマスク&ヘアパックなど美容に役立つアイテムのレビューをしています。約500種類以上のアイテムを使用、美髪つくりに役立つ情報発信をしています。株式会社Ll's. 代表取締役。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

【PR】

ウェーボ デザインキューブのヘアワックス

ウェーボのヘアワックス
きし

きし

ウェーボのデザインキューブワックスは、デザインからワックス自体の性能までハイクオリティのワックスです。

デミという美容メーカーから発売された「ウェーボ デザインキューブ」ワックス。

デミではこれまで、ヘアケアを中心のスタイリング剤が多かったのですが、スタイルのつくりやすいスタイリング剤としてウェーボが発売されました。

とくに、約10種類にもなるスタイリング剤の多さは、どんな髪質にも合わせることができるだけでなく、「ワックスを混ぜる」ことで数十種類ものレパートリーにまで広がってくれる、まさに万能のスタイリング剤となったのです。

これだけの幅広い種類なので、女性だけでなく男性まで幅広く使用することができるんです。

ウェーボ デザインキューブの特徴

ウェーボワックスの特徴
  • 個性を演出する豊富なツヤのバリエーション。
  • セット力と質感をインデックス化。
  • 最適なアイテムチョイスがスムーズ。
  • 卵殻膜(保湿成分)配合
  • ほのかに香る「フローラルフルーティー」

全シリーズに言えるのが、デミ特有の香りがフルーティーです。

グリーンアップル、ペアー、ホワイトピーチなどのフルーティーな香りにフローラルブーケのやわらかさをプラスした、ほのかに香るフレグランスになっています。

男女ともに好印象な使い心地となる香りによって、いい気分のまま使うことができます。

得られたポリマーを配合したスタイリング剤は、特に高いアレンジ力と再整髪性を付与することが可能となり、近年の流行している毛流れやまとまりを重視した「ナチュラルスタイル」に最適なスタイリング剤であると考えられる。

引用元:新奇粘着性ポリマーの開発とヘアスタイリング製品への応用❘株式会社資生堂 リサーチセンター

まさに良いスタイリング剤の定義にあてはまるアイテム。

さらに、ハードからソフトなワックスまであるウェーボデザインキューブですが、ハードであってもシャンプーで流しやすいです。

というのも、本来ハードになればなるほどにポリマー成分が強く、お湯を弾いてしまうのですが、このワックスはお湯や水がなじみやすく、シャンプーを何回もする必要はありません。

さらに、遅乾性の成分を配合しているので、スタイリング中は乾きにくくて、乾くとしっかりとスタイルをキープしてくれるワックスなのです。

スポンサーリンク

ウェーボ デザインキューブワックスのライナップ

ウェーボワックスのラインナップ
きし

きし

幅広いラインナップで男性だけでなく、女性まで使いやすいものになっています。

デミ・ウェーボデザインキューブワックスのラインナップについてもお話します。

ラインナップのPOINT
  • 全10種類
  • マット・クリーム・ジェル・グロス
  • 女性から男性まで多種多様
  • 髪質別にも使える

順にご紹介します。

ウェーボ デザインキューブホールドワックス

協力なセット力でメリハリのあるスタイルにおすすめです。

ベリーショートスタイルのメンズになら間違いなくおすすめです。

ウェーボ デザインキューブハードワックス

ショートスタイルのハードワックスならこちらがおすすめです。

キープ力だけでなく、ツヤ感も強くでるので美しいヘアスタイルをつくることができます。

ガイドへもどる

ウェーボ デザインキューブエアルーズワックス

ミディアムスタイルにはエアルーズワックスがおすすめです。

ほどよいセット力と質感を表現してくれます。

ガイドへもどる

ウェーボ デザインキューブラウンドワックス

ちょうどバランスのとれたワックスとなっているのがラウンドワックスです。

全体のちょうど中間の位置になるので、調整におすすめのワックスです。

ガイドへもどる

ウェーボ デザインキューブニュートラルワックス

巻き髪スタイルにはニュートラルワックスがおすすめです。

巻き髪にあまりハードはおすすめしません、髪がからまってしまうのでほどよいハードでスタイリングしてあげましょう。

ガイドへもどる

ウェーボ デザインキューブライトワックス

ロングスタイルにおすすめの優しいワックス。

絡まりにくく、ツヤ感を簡単に出せるのでおすすめです。

ガイドへもどる

ウェーボ デザインキューブドライワックス

とにかくハードって人にはドライワックスがおすすめ。

ウェーボの中では「ウルトラハード」の位置づけになります。

ガイドへもどる

ウェーボ デザインキューブクールジェル

ここからはジェルシリーズです。

ハードなジェルで、ジェルとワックスが合わさったジェリーに近い質感でスタイリングもしやすいのが特徴です。

ガイドへもどる

ウェーボ デザインキューブハードグロス

クールジェルをさらにハードにしたのがハードグロス。

ベリーショートのメンズでウェット感が欲しい人は迷わずこれがおすすめです。

ウェーボ デザインキューブソフトグロス

女性でツヤがほしい人にはソフトグロスがおすすめです。

ほどよくセット力があるので、単品でも使い心地は良いし、組み合わせても使いやすい万能ワックスです。

スポンサーリンク

ウェーボ デザインキューブワックスの使い方

ウェーボのワックスの使い方

普通にスタイリングしても、十分に使いやすいウェーボですが、ウェーボの特徴の「種類の多さ」を活かして組み合わせることで真価を発揮します。

ウェーボワックスのデザインキューブ
出典

各種のポジショニングマップです。

これらによって組み合わせることができるのです。

ウェーボワックス ウェーボ ワックス

イメージ図にあるようにベースワックスをどれかに決めて、そこに組み合わせることで自分の髪質に合わせたポジションと質感のワックスをつくることもできます。

『ベース剤』と『フィニッシュ剤』で使い分ける

ベース剤とフィニッシュ剤について分かりやすくお話します。

  • ベース剤は髪の形をつくる時に使う
  • フィニッシュ剤は形をキープする時に使う

使い分けテクニックとは、まずソフトワックスで形をつくる、ハードワックスでキープをさせる、ハードスプレーで固めるということです。

ベース剤とは?

ベース剤は基本ソフトワックスです。

多くの人のスタイリングの失敗は、ベース剤を塗布せずにフィニッシュ剤のみなのがほとんどです。ベース剤とはフィニッシュ剤を使いやすくするための言わば土台つくりのようなものです。

MEMO
  1. 100円玉くらいをとり手のひらになじませる
  2. 全体にまんべんなく塗布する
  3. 上下左右無造作になじませる
  4. ボリュームをつくる場合は根本にもつける

ソフトワックスは使いやすい、塗布しやすいのが特徴です。ソフトワックスを全体にしっかりとなじませることで、フィニッシュ剤をつけやすくします。

フィニッシュ剤とは?

フィニッシュ剤はハードワックスです。

ベース剤をつけることによって全体にスタイリングがしやすい状態になっているので、ボリュームや動きをつけていきます。

MEMO
  1. 100円玉くらいをとり手のひらになじませます
  2. トップはつまむようにして浮かせてボリュームをつくる
  3. 毛先を手のひらで揉みこんで動きをつける

ハードワックスをハードジェルにすることもできます。ウェット感をつくることでツヤ感たっぷりのスタイリングができます。

きし

きし

種類が豊富なデザインキューブはいくつかの種類を使い分けることで、スタイリングのしやすさが格段に上がるのでおすすめです。

あとがき

最後までお読みいただき、ありがとうございました。ご質問やご感想は、以下までお寄せください。

お問合せ:こちらからお願いします。

当サイトの概要:くわしくはこちら

役立つまとめ記事

スタイリングに関する記事なので、合わせてご参考ください。

関連記事