おすすめのスタイリング剤15選!

使えば使うほど髪が綺麗になるドライヤーおすすめ8選!【風量や速乾モデルから美容師が厳選】

6 min

髪が傷まず早く乾く・重たくなく、軽いのに壊れにくい・安くてコスパがいい。そんな理想のドライヤー探してませんか?この記事では使えば使うほど髪が綺麗になる髪に良いドライヤーのおすすめランキングを厳選して紹介。

ドライヤー探しでお悩みのあなたへ。当記事では、おすすめの「ドライヤー」を初心者にでも分かりやすく、ランキング形式でご紹介しています。この記事を見ればお悩みを解決することができます。どうぞご覧ください。

きし

きし

髪を乾かす。ドライヤーで乾かさないと髪が傷む、なんてことは聞いたことはあるはずですが、それ以上に「ツヤがでる」「キューティクルが整う」「水分量を調節」「ヘアアケアの促進」などの効果もあります。

でも、電気屋さんには、たくさんのドライヤーが並んでいます。「自分の髪質にはどれが合っているのだろう…」と悩む人は決して少なくありません。

断言しますが、髪が傷むのかどうかはドライヤーにかかっている、といっても過言でありません。

そこで当記事では、髪のことを20年間考えてきてわかったおすすめのドライヤーをランキング形式にして分かりやすくお話します。操作性・耐久性・機能性・髪をダメージさせない効果性を評価してご紹介します。パナソニック・ナノケア・コイズミモンスター・テスコムなど人気モデルからも厳選。


Author

記事の著者

運営者

きし かずき

Kazuki Kishi

美容業界15年以上のキャリアがあり、当サイトの運営をしています。当サイトでは、主にシャンプー・洗い流さないトリートメント・スタイリング剤(ワックス)・ヘアマスク&ヘアパックなど美容に役立つアイテムのレビューをしています。約500種類以上のアイテムを使用、美髪つくりに役立つ情報発信をしています。株式会社Ll's. 代表取締役。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

Supervisor

記事の監修者

hair Designer

谷本 昌浩

Masahiro Tanimoto

美容室Re:berta チーフディレクター。和歌山・横浜と下積みを10年経て活躍する美容師スタイリスト。「ハイリスク矯正」「他店の失敗リカバリー」「アンチエイジング矯正」「抗がん剤後のくせ毛対策」など、クセ毛に特化した独自のメソッドで全国からさまざまな客層から支持される。監修者ページはこちら

Shampoo

おすすめシャンプー

ドライヤーの選び方と選ぶポイント

ドライヤーの選び方と選ぶポイント

ドライヤーを選ぶときには大事なポイントがいくつかあります。

「1200W」以上は速乾性につながる

ドライヤーで一番に気になるのは速乾性、つまり「風量」です。

一つの目安は1200W(ワット)

強ければ強いほど、髪を乾かす時短になり、ストレスフルになります。

  • 髪が乾くのが早い
  • 時短になる
  • ツヤがでやすい
  • ヘアスタイルをつくりやすい

など、毎日が楽になってくれます。

「マイナスイオン」は髪をキレイにする

マイナスイオンとは、イオン機能の一つで、髪に付着しているプラスイオンを中和させます。それによって、髪の手触りをかろやかにしてくれます。

  • ヘアケアの促進
  • 髪をやわらくする
  • まとまりがよくなる
  • キューティクルを整える

こういう機能は、だいたい切り替えることができるので、8割程度は通常モードで素早く乾かして、残りはマイナスイオンモードで乾かすというのがセオリーに。というのも、マイナスイオンなどのプロダクト特有の機能を使うことで、風量が下がったり、温度が下がったりする傾向にあるからです。

とはいえ、マイナスイオンなどの機能は積極的に活用すべきなので、うつくしい髪をつくるためには必要不可欠と言えます。

価格は一つの目安になる

最近のドライヤー市場の傾向では、さまざまな機能をもつため価格は高騰気味にあります。もちろんただ乾かすだけのドライヤーならば数千円でありますが。

速乾性、機能性など、こだわると数万もするほど価格帯は変わってきます。そのため個人的には、

  • 速乾性・機能性重視ならば1.5万円〜2.5万円
  • ただ乾かすだけなら1万円以下

から探すという目安が持てます。

速乾性があるということは、スタイリングがしやすく、日々のストレスが格段に変わります。

機能性では、ただ乾かすだけでなく、「ツヤがでる」「キューティクルが整う」「水分量を調節」「ヘアアケアの促進」などの効果もあるため、毎日するドライヤーはこだわった方がいいです。

ドライヤーなどの電化製品では、ただ高ければいいというわけではありませんが、価格が高いには理由があります。

スポンサーリンク

美容師が選ぶ使えば使うほど髪が綺麗になる
本当に良いおすすめドライヤーランキング8選

さて、髪の専門家として、さまざまなドライヤーを使ってきた経験を活かしておすすめのドライヤーを紹介します。

ポイントとしては以下の3項目としました。

  • 速乾性
  • 機能面
  • 髪や頭皮地肌への使用感

基準としては、使用感などの使いやすさ髪への仕上がりや扱いやすさなどがメインとなっています。とくに上位3つは、とくにおすすめです。

※随時更新していきます(2022年)

No.8
コラーゲンイオンヘアードライヤー

コラーゲンプラチナボックスをセットすることで、乾かしながら髪をキレイにすることができる便利アイテム。最大1500Wにもなるので、乾かすパワーも高いのが特徴。

No.7
MONSTER

最大1400Wでダブルファンがつくりだすパワフルなドライヤー。それでいてイオン機能もついているので、使い分けで、素早く乾かすことも、髪をやさしく乾かすことも可能。短時間のドライによって髪のダメージも削減。

06
サーモスタット

1500Wの速乾性に加えて、マイナスイオン機能もあるドライヤー。くわえて「高濃度マイナスイオン」によってうるおいとツヤ感のある髪にしてくれます。さらに軽量+コンパクトなので使いやすい。

05
ホリスティックキュア

最大1400Wの速乾性だけでなく、遠赤外線、テラヘルツモード(3つのモード)と多様な髪の悩みを改善するための機能がついている。ドライヤーの乾かすだけでなく、スタイリングやケアという観点でも幅広く活躍できるアイテム。

No.4
リファ

独自機能の「プロセンシング」と「ハイドロイオン」でうつくしい髪をつくるドライヤー。最大1200Wあるので速乾性も優秀。髪質の悩みに合わせたモードによって熱温度の調整もしてくれるので、長く使たいアイテム。

No.3
レプロナイザー

レプロナイザー 4D Plus

美容師も憧れる最高級ブランド。最大1200Wの速乾性と、バイオプログラミング機能で、根本が立ち上がる・ハリコシがでる・パサつきやうねりも改善される、といった嘘みたいなドライヤー。説明がむつかしく、使った人しかわからない。公式や説明書の内容だと胡散臭いんですが、実際に使ってみると納得する一品。

No.2
プラズマクラスタードレープフロードライヤー

最大1200W+ドレープフロー(左右2つの吹出口)による進化した速乾性。プラズマクラスター(プラスとマイナスのイオン)によって、髪をまもりながらうつくしい髪にしてくれます。くわえて、センシング・ビューティ・スカルプのモードの使い分けで、ストレスなく、髪や地肌に負担をかけずに乾かすことができます。

No.1
ナノケア

最大1200W+逆風効率の改善(簡単に言うと風の邪魔をしない)の速乾性に、高浸透の「ナノイー」+「ミネラル」が髪の表面だけでなく内部にまで入り込みキレイにしてくれるドライヤー。同時にヘアカラーの色落ちまで防ぐとか、とんでもドライヤー。

スポンサーリンク

美容師が答える
ドライヤーに関するQ&A

Q

ドライヤーの寿命は?

A

種類やメーカーによって寿命は異なりますが、ドライヤーの平均寿命は「3年~4年」間に換算するとおよそ「130時間~140時間」とされており、当然、使う頻度が多ければ多いほど寿命は短くなります。

Q

ドライヤーを長持ちさせるには?

A

「定期的なフィルター掃除」「高温多湿を避けて保管する」「コードを引っ張ったり曲げたりしない」「冷風にしてから電源オフ」など、電化製品によくあるお手入れをすれば、かなり変わるはずです。

Q

使うほどに髪がキレイになるドライヤーって本当?

A

本当です。例えばマイナスイオンの場合、イオン機能の一つで、髪に付着しているプラスイオンを中和させ、それによって髪の手触りをかろやかにしてくれます。毎日続けることで、髪への影響度は大きくなり、美しい髪になります。

Q

自然乾燥とドライヤーどっちがいい?

A

ドライヤーは自然乾燥よりも短時間で乾かすことができ、開いたキューティクルを正常な状態に戻すのでツヤのある美しい状態にしてくれます。 ドライヤーをすることで髪への負担はふえますがキューティクルが開いたままの状態で放置するよりも、ドライヤーを正しく使って手早く乾かしたほうが、キレイな髪になるはずです。

Q

高級ドライヤーのメリットは?

A

「マイナスイオン」や「ナノイオン」など、乾かす以上の機能があるのが高級ドライヤーのメリット。キューティクルの傷みを抑え、髪のやツヤ感をキープする効果もあります。

Q

髪を自然乾燥させるのはなぜダメ?

A

自然乾燥のデメリットは、「キューティクルが開いたままなのでツヤが失われる」「ダメージが毛髪内部まで届きやすい」「摩擦によるダメージが増える」「ヘアカラーなどの成分が流出しやすい」などがあります。

あとがき

ドライヤーは、うつくしい髪をつくるために必須といっても過言ではありません。その上で、それぞれのスペックは選ぶ上でも重要です。

きし

きし

どれもがいい特徴のあるプロダクトですが、とくに最後に紹介した3つはとくにおすすめです。

廣瀬

廣瀬

ドライヤーというプロダクトは、ただ乾かすだけというものではなくなってきています。

ドライヤーは髪のダメージを防ぐ効果があり、具体的に言うと「ツヤがでる」「キューティクルが整う」「水分量を調節」「ヘアアケアの促進」が理由。

  • やさしく乾かす
  • ブラッシングをする
  • 冷風を当てて冷やす

これだけでもキレイになるしダメージ予防にもなる。

加えて、イオン機能や遠赤外線、◯◯鉱石などを用いた、といった機能は、結構バカにできない。髪の電子は目に見えないから、シャンプーやトリートメントと違って軽視されがちだけど重要。

汚れがつきにくい、髪が整う、うつくしい髪にしてくれるだけでなく予防もしてくれるって便利アイテム。これを機にドライヤーに関心を持ってくれた方は、ぜひドライヤー探しを頑張ってほしいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。ご質問やご感想は、以下までお寄せください。

お問合せ:こちらからお願いします。

当サイトの概要:くわしくはこちら

役立つまとめ記事

ビジネス・プライベートで、累計200種類以上のスタイリング剤を使用してきた経験を活かしてレビューします。

現在では、80種類のスタイリング剤をレビューしていますので、見やすくするためにカテゴリ別・髪質別・状態別にまとめ記事を作成しています。

とりあえず手っ取り早く良いスタイリング剤を知りたい方は、下の記事をチェック!

本当に良いスタイリング剤まとめ

市販品・サロン品を問わず「本当に良い」と思えたスタイリング剤だけを厳選してまとめました。

さらに、ジャンル・カテゴリ別に知りたい方は読み進めてください。

サロン専売品のスタイリング剤

美容室・美容院で販売されている専売品のみをまとめています。髪質や悩み別にまとめ、選び方や特徴なども解説しています。

市販品のスタイリング剤

ドラッグストアや薬局限定で販売されている市販品のみをまとめています。髪質や悩み別にまとめ、選び方や特徴なども解説しています。

男女別のスタイリング剤

女性のスタイリング剤で大事になるのは、美容室で「カット」や「パーマ」で形をつくり、自宅で「ブロー」や「アイロン」によって再現して、「スタイリング剤」動きやまとまりなど調整するためのもの、使いやすいものだけを集めてみました。

男性はヘアスタイルにもよりますが、今のスタイルを壊さず、キレイにかつ、髪の負担を減らすようなものが最も最適なのです。セットやキープ以外でも良いものだけを厳選

種類・髪質別のスタイリング剤

おすすめの器材

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。