美容師が作るワックスランキング

【ワックスをつけた後にヘアアイロンは使える?】美容師が教えるスタイリングの極意

【ワックスをつけた後にヘアアイロンは使える?】美容師が教えるスタイリングの極意

 

髪の状態と「水分量」による

髪の状態と「水分量」による

実は髪の水分量によっては、髪を巻きにくい人であれば水分量が必要になりますし、髪を傷ませたくない人ならば水分量を少なくするために乾かさないといけません。

しかし、髪の水分量が少なすぎるのも髪を傷める原因にもなるのです。つまり仕上がりの状態を水分量が0%の状態になるようにコントロールすれば良いのです。

理想なのは仕上がりの髪の水分量を5%〜0%にする

MEMO
  • 水分量が10%の状態で何もつけずにアイロン
  • 水分量が0%の状態でスプレーをつけてアイロン
注意
  • 水分量が10%の状態でスプレーをつけてアイロン
  • 水分量が0%の状態でなにもつけずにアイロン
ドライヤーやアイロンなど熱処理のツールでは髪の水分量を奪います。

つまり、髪に水分がない状態でアイロンを使ってしまうと、大きな負担になっていますのです。

では、それを計算してスタイリング剤を使っていれば、髪を傷めることなくスタイリングをしやすくすることができるので、逆に使わないことで髪を傷めてしまうということになります。

 

ワックスやスプレーの後にアイロンを使う方法

ワックスやスプレーの後にアイロンを使う方法

スタイリング剤の量を少なめにして、髪の水分量を5%〜8%%ほどにしてから、ヘアアイロンを使うとコテアイロンの熱伝導が上がってキープしやすくなります

上記にもあるように少量ずつを使うことによって水分量を調節できるようになります。

ジェミールフラン ジェルクリーム+

仕上げにアイロン後にハードスプレーを使用することでキープ力が上がります。

 

アイロン前にスプレーを使う注意点

注意点
  • コテアイロンを使い慣れていない
  • ストレートアイロンを使い慣れていない
  • 細毛・猫っ毛の水分を吸収しやすい髪質

これらの人は注意が必要です。

あまりにアイロンなどを使い慣れていない人は、髪に負担を増やしやすい傾向にあるので、あまりスプレーやワックスはつけずにしましょう。

さらに猫っ毛や細毛の人は水分を吸収しやすいので、水分量がコントロールしづらいので注意が必要です。

 

まとめると…

スタイリング剤もヘアアイロンもとても便利なツールとして、スタイリングにとってはマストなアイテムとなっています。

ソフトワックスやスプレーで髪全体の水分量をコントロールして巻くことで、髪が傷むどころか良くなることもあります。

正しい使い方とこまめなケアは忘れずに使いこなしましょう!

そんな感じで以上です。

参考になれば幸いです。