本気でおすすめ!ワックス5選!

「ジェミールフラン ジェルクリーム+」のヘアワックスを美容師が実際に使った評価レビュー

5 min
【ミルボン】「ジェミールフラン ジェルクリーム」のヘアワックスを美容師が実際に使ったレビュー記事

「ジェミールフランのクリーム」を使ってみたいんだけど、ワックスとしてはどうですか?おすすめポイントとかある?

こういった疑問にお答えしていきます。

この記事の内容

ジェミールフラン ジェルクリームのレビュー

有名なサロン専売ヘアケアブランドでもあるMILBON(ミルボン)。ヘアケアだけでなくスタイリングシリーズも豊富で使いやすいものが多いのが魅力の1つです。

ミルボン ジェミールフラン ジェルクリーム+ 60g【箱無し・アウトレット品】

今回紹介する「ジェミールフラン ジェルクリーム+」は、ヘアアレンジ用のスタイリングワックスで、ベタつきのない少ない質感で根本から動かせるジェルクリームワックスです。

そんなサロン専売品でもあるジェミールフラン ジェルクリームを使おうか悩んでいる方のために使用感などをまとめてみました。

そこで今回の記事では、美容師の経験を活かしてジェミールフランを実際に使ってレビューしつつ、特徴なども分かりやすくお話していきます。
この記事でわかること

 

スポンサーリンク
この記事の著者

美容師ブロガー

きし かずき

Kazuki Kishi

美容室を経営&現役美容師プレイヤーをしながら、美髪つくりに役立つ情報発信をしています。主にシャンプー・洗い流さないトリートメント・スタイリング剤のレビューもしています。

ジェミールフラン・ジェルクリームとは?

きし

きし

今回使用するジェミールフラン ジェルクリーム+というスタイリング剤の特徴を分かりやすくお話します。

ジェルクリームは、とても香りもよくて使い心地が良いアイテムです。

つま

つま

ジェルクリームとは、ジェミールフランブランドの「スタイリング剤」のラインナップとなります。

ジェミールフランのラインナップ
  • ジェミールフラン・ジェルクリーム(ソフト)
  • ジェミールフラン・ジェルクリーム+(ソフトハード)

ジェルクリームは、ソフトとソフトハードに分かれており、好みによって使い分けることができます。

髪の長さによって使い分けれるために、ヘアスタイルによってことなりますが、基本的にはどの長さでもジェルクリーム+でも良いと思います。

ジェルクリームの成分

ジェミールフラン・ジェルクリームには、髪同士を点で留める成分「コネクトクレイ」髪同士を密着させる成分「ホールドオイル」が配合されています。

ナチュラルなヘアスタイルの中にある「動き」をつくることができます。つくりすぎない感じのヘアスタイリングです。

例えると、「手でさわった時の自然な浮遊感」とか「水の濡れた時の動き」などの偶然できる動きがつくりやすのが、ジェミールフラン・ジェルクリームです。

スポンサーリンク

実際に「ジェミールフラン ジェルクリーム+」を使ってみた

ジェミールフランフラン ジェルクリーム+

ミルボン

【ミルボン】「ジェミールフラン ジェルクリーム」のヘアワックスを美容師が実際に使ったレビュー記事

きし

きし

今回の記事では、ジェミールフラン ジェルクリーム+を実際に使ってレビューします。

このワックスはキマりすぎない絶妙な束感をつくることができるヘアクリームワックスです。

つま

つま

ジェミールフランの特徴は、スタイリング剤なのにベタつかず、スタイリングをしていないような自然なスタイルをを作ることができます。

  • 髪同士を点で止める「コネクトクレイ」配合
  • 髪同士を密着させる成分「ホールドクレイ」配合

ゆるくラフなヘアスタイルに加えて、自然ながらもメリハリのある束感をキープすることができるのでヘアアレンジにも使えるアイテムです。

ぼくの髪はショートですが猫っ毛で細毛なので絡まりやすいし、妻の髪はロングの上にくせ毛です。適当なスタイリング剤だと仕上がりがえらいことになったりもします。

ということでヘアワックスを実際に見ていきましょう。

女性と相性の良いフォルムデザイン

【ミルボン】「ジェミールフラン ジェルクリーム」のヘアワックスを美容師が実際に使ったレビュー記事

まずはワックスデザインから。

丸みのあるコンパクトなフォルムにピンクカラーが特徴敵なジェミールフランのジェルクリーム+。

【ミルボン】「ジェミールフラン ジェルクリーム」のヘアワックスを美容師が実際に使ったレビュー記事

フタ部分にはロゴなど不要なものはなく、ピンクカラーはインパクトがあるもののシンプル。

【ミルボン】「ジェミールフラン ジェルクリーム」のヘアワックスを美容師が実際に使ったレビュー記事

サイドにはグリップがあり、開けやすくなっていて細かな工夫が見られます。

【ミルボン】「ジェミールフラン ジェルクリーム」のヘアワックスを美容師が実際に使ったレビュー記事

プラ素材になっているので、重さはほとんどなくて、ストレスが一切ない軽さ。

【ミルボン】「ジェミールフラン ジェルクリーム」のヘアワックスを美容師が実際に使ったレビュー記事

高級感もありつつ、キュートなデザインは、さすがミルボンということでしょうか、かなり好印象な容器になっています。

ジェミールフランの成分構成

商品の成分

水、プロバンジオール、グリセリン、PEG-6、ミネラルオイル、ジイソステアリン酸ダイマージリノレイル、キャンデリラロウ、(アクリレーツ/メタクリル酸ベヘネス-25)コポリマー、カルボマー、PVP、(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリル酸メトキシエチル)コポリマー、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、シリカ、PPG-4セテス-20、PPG-8セテス-20、セテス-10、PG、ジグリセリン、エタノール、水添化K、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、EDTA-2Na、フェノキシエタノール、エチルパラペン、香料

次に成分を見ていくと、成分量も多くバランスも非常に良いスタイリング剤です。

テクスチャーがありつつ、ナチュラルになるように、軽めの質感の構成になっているだけでなく、髪に負担がかからないようになっているのは好印象。

きし

きし

個人的には、女性全般、使い方によってはベース剤としてもマルチに使えそうなワックスです。

とはいえワックスという感じでもないし、クリームほど弱くはないため、ポジション的にちょうどよいアイテムです。

と、実際に使ってみないと分からないので、本題でもあるワックスの使用感を見ていきます。

髪への伸びが良く優しい使用感

  1. STEP

    第一印象や香り

    【ミルボン】「ジェミールフラン ジェルクリーム」のヘアワックスを美容師が実際に使ったレビュー記事

    このアイテムはとても香りもよくて、フルーティーな感じはスタイリング剤と思えぬほどです。

    【ミルボン】「ジェミールフラン ジェルクリーム」のヘアワックスを美容師が実際に使ったレビュー記事

    とても柔らかく、使用感も良さそうな感じ。

    【ミルボン】「ジェミールフラン ジェルクリーム」のヘアワックスを美容師が実際に使ったレビュー記事

    指で広げてみると、水分量も高く、かといって水っぽさとはまた違う感じ。

    【ミルボン】「ジェミールフラン ジェルクリーム」のヘアワックスを美容師が実際に使ったレビュー記事

    ツヤ感もありながら、ベタつきもないため、スタイリング剤が苦手な人にもおすすめできそう。

  2. STEP

    実際の使用感

    【ミルボン】「ジェミールフラン ジェルクリーム」のヘアワックスを美容師が実際に使ったレビュー記事

    実際に使ってみましたが、ほんとにべたつかずに、柔らかく使用感が良いものでした。

    しかもスタイリング感をほとんどないため、ナチュラルなスタイルをつくることができます。

    【ミルボン】「ジェミールフラン ジェルクリーム」のヘアワックスを美容師が実際に使ったレビュー記事

    使用後の手のベタつきもなく、洗わなくてもいけるぐらいにサラッとしてくれます。

  3. STEP

    まとめ

    全体的にまとめると…

    良かった
    • バランスもよく使い勝手の良いヘアクリーム
    • ナチュラルなスタイルをつくりやすく、さまざまな用途で使えるアイテム
    残念
    • メンズにはこれ一つで対応できない
    • どちらかと言うとサブアイテムに適している

セット力は弱めですが使いやさバツグン

POINT

サロン専売らしいクオリティで、使用感もよくてデザインも良い、その上で香りも良いアイテム

実際に使ってみましたが、ワックスでもなくヘアクリームでもなく、ちょうどよいポジションのアイテムなので、個人的にはかなりおすすめできるアイテムでした。

ヘアアレンジ前や、ガッチリスタイリング前、コテ(ヘアアイロン)前などにも使えるため、マルチで使えるスタイリング剤という印象。

私自身にも使用していますし、お客様にも使っていますが、かなり使いやすいです。とくに気に入っているのは”ワックスをつけている感”がないところです。

つま

つま

とはいえ、これ一つで何でも解決できるのかと言われると、そういうわけでもなく、ホールド力も弱いためメンズには物足りないはず。

そういった場合はベース剤としてサブアイテムとして使用することがおすすめできますが、それでもショートやミディアムショートぐらい。

関連記事【ワックス使い分けテクニック】美容師が教えるスタイリング剤を使い分けする超簡単セット方法

きし

きし

ぼく自身も愛用しているアイテムで、ホールド力はないですがサブとしては使いやすいアイテムです。

ジェミールフラン・ジェルクリームの使い方

使い方は至ってシンプルです。

  1. 手の平によく伸ばします(石けんで洗うようにしっかりと伸ばす)
  2. 後頭部からつけていきます(下からつけていく)
  3. 全体にのばしてつける(下からつけていく)
  4. あとは表面につけていく
  5. 細かいところをつまみながら動きをつける

手に残ったジェルクリームで、髪をずらしたりすることで可愛い動きをつくることができます。

ジェルクリームの使用量目安
 使用量の目安 ショート・ボブミディアム ロング
 ジェルクリームパール 1個分パール 1.5個分パール 2個分

セミナーで、「エザキヨシタカ」さんにもお話を聞きましたが、撮影時にはジェルクリームしか使わないそうです。

とても使いやすくて、万能なスタイリング剤です。

ジェルクリーム自体の粘度もやわらかく、優しいつくりになっているので、つかいやすいのも特徴の1つでした。

ジェルクリームのつけ方

できるだけ、ムラのでないようにしてつけてあげることで、より効果的になってくれます。

スポンサーリンク

終わりに…

この記事では、「ジェミールフランジェルクリーム+」のスタイリング剤(ワックス)について書きました。

きし

きし

今回の記事では実際に使ってみましたが、ナチュラルなヘアスタイルやヘアアレンジにおすすめできるスタイリング剤でした。

巻髪や、簡単なアレンジの前に使うこともできるし、ロングヘアのパサツキなんかにも使いやすいアイテムです。

つま

つま

こんな人におすすめ
  • ベタベタ感が苦手
  • スタイリング剤が苦手
  • ナチュラルなスタイリング剤がいい
女性におすすめのヘアワックス

ジェミールフラン ジェルクリームを使う前の参考にどうぞ。

最後に100個以上のスタイリング剤を使用してきたぼく達が、本当に役立つサロンワックスを3つのランキングにまとめてみました。とくにおすすめできるものが一つ目、さらに女性用・男性用と見やすいように分けています。

基本的には女性におすすめする(もちろん男性にも使えます)ということで、

  • 実際の使用感(ロングヘアにも可)
  • セット力よりもまとまりや使いやすさ重視
  • ダメージヘアなどにも問題なく使える

などのトータルバランスで使いやすいアイテムばかりをご紹介しています、かなり自信のある記事になっているのでワックスを探す時の参考にしてください。

こんな感じで以上です。

Amazonでお得に買う方法

もしアマゾン(Amazo)でちょっとでもお得に買い物するなら、アマゾン内で使えるAmazonギフト券のチャージ(購入)をおすすめしています。

現金でチャージするたび、チャージ額に対して最大2.5%分のポイントがもらえるんです。

1回のチャージ金額通常会員Prime会員
5,000〜19,999円0.5%1.0%
20,000〜39,999円1.0%1.5%
90,000円〜2.0%2.5%

Prime会員なら絶対に使うべきです、むしろ使わなきゃ損です。加えて、今なら初回チャージだと1000円分のポイントがもらえるキャンペーンあり!!

きし

きし

Amazonで買い物するなら、このチャージが便利でお得です!

\ 最大21%!驚異の還元率! /

コンビニ・ATM・ネットバンクが対象

きしろぐおすすめのスタイリング剤

きしろぐでは、これまで100個近くのスタイリング剤を使ってきました。そんなぼくがおすすめする最強のスタイリング剤(ヘアワックス)たちをご紹介します。

きし

きし

現役美容師が選ぶ珠玉のアイテムたちをご紹介します、髪質と相性のいいものが見つかるはずです!

\ サロン専売品限定! /

きし かずき

きし かずき

美容師ブロガー

美容師をしながらブログを書いています。美髪に役立つコンテンツを日々更新しています。

FOLLOW

タグ:
関連記事を見る
スポンサーリンク
関連記事