美容師が作るワックスランキング

【マンダム】「ギャツビー ムービングラバー グランジマット」のハードワックスを美容師が実際に使ったレビュー記事

【マンダム】「ギャツビー ムービングラバー」のハードワックスを美容師が実際に使ったレビュー記事

「ムービングラバーのクランジマット」を使ってみたいんだけど、ハードワックスとしてはどうですか?おすすめポイントとかある?

こういった疑問にお答えしていきます。

この記事の内容

ムービングラバー クランジマットのレビュー

有名なメンズのヘアケアブランドでもあるマンダム。とくにスタイリング剤(メンズ)の認知度が高いラインナップです。

その中の「ギャツビー ムービングラバー」シリーズ。

ギャツビー ムービングラバー グランジマット

市販品でもあるムービングラバーシリーズを使おうか悩んでいる方のために使用感などをまとめてみました。

そこで今回の記事では、美容師の経験を活かしてギャツビー ムービングラバー グランジマットを実際に使ってレビューしつつ、特徴なども分かりやすくお話していきます。

この記事で分かること

 

実際に「ギャツビー ムービングラバー グランジマット」を使ってみた

ギャツビー ムービングラバー グランジマット

マンダム

【マンダム】「ギャツビー ムービングラバー」のハードワックスを美容師が実際に使ったレビュー記事

ワックス ジェル スプレー 

女性用 男性用

https://wax.kazukikishi.com/wp-content/uploads/2019/05/IMG_2919.jpgきし

今回の記事では、「ギャツビー ムービングラバー グランジマット」を実際に使ってレビューします。

https://wax.kazukikishi.com/wp-content/uploads/2019/05/IMG_2034-2.jpg
つま

このワックスは、男性に人気のギャッツビーのムービングラバーは幅広いラインナップが特徴です。

ムービングラバーの特徴は、男性用ヘアスタイリングとして認知度の高いアイテムです。全部で7種類の質感やホールド力から選ぶラインナップです。

  • パワー立ち上げ処方
  • アレンジ記憶成分「ムービングラバー」配合
  • クリアフローラルの香り(後残りしない微香性)

グランジマットは、バサッとしたツヤのないドライスタイルがつくれます。ラフな動きが簡単につくれて遊べるワックスです。毛束をほぐして散らすことでよりマットな質感を出すのがポイントになります。

実際に購入してみました

ぼくの髪はショートですが猫っ毛で細毛なので絡まりやすいし、妻の髪はロングの上にくせ毛です。適当なスタイリング剤だと仕上がりがえらいことになったりもします。

ということでヘアワックスを実際に見ていきましょう。

ムービングラバーは丸みのあるシンプルなデザイン

【マンダム】「ギャツビー ムービングラバー」のハードワックスを美容師が実際に使ったレビュー記事

まずは容器デザインから。

淡いグレーに「g」の文字が特徴となるムービングラバーのグランジマット。

【マンダム】「ギャツビー ムービングラバー」のハードワックスを美容師が実際に使ったレビュー記事

今回はモバイル版を使ってみましたが、かなりコンパクトで使いやすそうです。コスパが良いのも嬉しいところ。

【マンダム】「ギャツビー ムービングラバー」のハードワックスを美容師が実際に使ったレビュー記事

コンパクトなモバイルタイプですが、細かい部分にまで使いやすい作りが見られ好印象。

【マンダム】「ギャツビー ムービングラバー」のハードワックスを美容師が実際に使ったレビュー記事
デザイン容器をトータルすると…

市販品の中では特徴的なヘアワックスであります、エッジの効いたフォルムにシンプルなデザインは男性に好まれそうな印象です。

ワックス成分

水、シクロメチコン、水添ポリイソブテン、BG、キャンデリラロウ、カオリン、マイクロクリスタリンワックス、ミネラルオイル、ポリソルベート60、ジメチコン、ミツロウ、ステアリン酸、ステアリン酸ソルビタン、カルナウバロウ、テトラオクタン酸ペンタエリスリチル、ワセリン、セタノール、カプリリルグリコール、水酸化K、カルボマー、ジステアリン酸PEG-250、パンテノール、ポリクオタニウム-11.香料、紫401.橙205.青1

次に成分を見ていくと、市販品ですがとてもバランスの良いヘアワックスの内容です。

キャンデリラロウ、カオリン、マイクロクリスタリンワックス、ミネラルオイル、と最近のスタイリング剤でよく見かける成分に加えて、使用感も良くなるようにバランス良くエモリエント剤なども構成されています。

トリートメントなどにも構成されるパンテノールなど少量ながらに入っているのは好印象でした。

https://wax.kazukikishi.com/wp-content/uploads/2019/05/IMG_2919.jpg
きし

個人的にはハードワックスながら、使用感も良いバランスのとれた感じになっていると思います。

成分構成だけ見ると、整髪力もありつつ、使用感も良さそうなアイテムという感じでしょうか。

と、実際に使ってみないと分からないので、本題でもあるワックスの使用感を見ていきます。

ちとキープ力不足だがパワーは十分ある!

こんなヘアスタイルに使ってみる

様々なヘアスタイルをバランスよく取り入れました。

  • 刈り上げ(ベリーショート)
  • トップには立ち上げを作れるぐらいの短さ(ショート)
  • 前髪は少し長めに設定(ミディアムショート)

美容師の経験を活かしてワックスレビューのためだけのヘアスタイルをガチカットしてみました。

ワックスを出してみると…
【マンダム】「ギャツビー ムービングラバー」のハードワックスを美容師が実際に使ったレビュー記事

ワックスはフルーティーな香りがしっかりして、頭皮のにおいなど気にしている方には良さそうな感じ。

指で触ってみると、少し固さを感じますがマットの質感のわりには使いやすい。

【マンダム】「ギャツビー ムービングラバー」のハードワックスを美容師が実際に使ったレビュー記事

予想よりも速乾性はなく、伸びは良さそう。

ワックスの使用感

質感はマットなのに、伸びは良く、揮発性も十分にあります。

【マンダム】「ギャツビー ムービングラバー」のハードワックスを美容師が実際に使ったレビュー記事

香りも良く、手触りも優しい。

髪への使い心地
【マンダム】「ギャツビー ムービングラバー」のハードワックスを美容師が実際に使ったレビュー記事

実際に髪へも使ってみましたが、髪への馴染みも伸びも良く、非常に使いやすいマットワックス。

【マンダム】「ギャツビー ムービングラバー」のハードワックスを美容師が実際に使ったレビュー記事

少しマット加減は弱い気もします(どっちかというとナチュラルなワックスの質感にも似ている)が、決して悪くはないです。

【マンダム】「ギャツビー ムービングラバー」のハードワックスを美容師が実際に使ったレビュー記事

トップの立上りや、動き、まとまり、などはは作りやすく、簡単にスタイリングができます。

【マンダム】「ギャツビー ムービングラバー」のハードワックスを美容師が実際に使ったレビュー記事

これで約1分(正確には40秒ほど)でスタイリングができましたが、ベリーショートやショートと相性が良いです。

とくに伸びが良いので少し長めのスタイルでも普通に使えます。

どれくらいハード力が強いのか見てみる(振り回す)
【マンダム】「ギャツビー ムービングラバー」のハードワックスを美容師が実際に使ったレビュー記事

次にどのくらいキープしてくれるのか、かなりの速さで振り回しました。

https://wax.kazukikishi.com/wp-content/uploads/2019/05/IMG_2034-2.jpg
つま

そんなに振らなくても…笑

【マンダム】「ギャツビー ムービングラバー」のハードワックスを美容師が実際に使ったレビュー記事

思っていたよりもキープ力はあります、かなりの速さで振り回しましたが、それほど崩れはありません。

どれくらいハード力が強いのか見てみる(強風を当てる)
【マンダム】「ギャツビー ムービングラバー」のハードワックスを美容師が実際に使ったレビュー記事

最後にドライヤーでガッツリと風を当ててみました。

https://wax.kazukikishi.com/wp-content/uploads/2019/05/IMG_2034-2.jpg
つま

ここまですると何だか可哀想…笑

【マンダム】「ギャツビー ムービングラバー」のハードワックスを美容師が実際に使ったレビュー記事

流石にここまですると、ほとんど崩れてしまいました。キープ力はないわけではありませんが、それほど強くもない感じ。

まとめ
グランジマットのレビュー
使いやすさ
(3.5)
キープ力
(3.0)
動きの作りやすさ
(3.5)
質感の良さ
(3.5)
髪のまとまり
(3.0)
コスパ
(4.0)
おすすめ度
(3.5)

こういう感じになります。

全体的にまとめると…

このアイテムの良いポイント

  • パワーも普通にありセット力も強い
  • 髪への伸びもよくて使いやすい
  • 長めのスタイルにまで使えるハードワックス

このアイテムの悪いポイント

  • キープ力はそこそこ
  • ガチガチのスタイリングは無理っぽい
  • 1日キープには少し物足りない

こんな感じでしょうか。

キープ力はそこそこだがバランスが良いハード加減

ココがポイント!

ハードなワックスですが使用感も良いのでベリーショートから長めのショートまで使える幅広いマットワックス

実際に使ってみましたが、髪への伸びも良く、それでいてパワーもあるワックスなので幅広い髪の長さに対応できるワックスです。

トップや動きをつくる立上りも十分にありつつ、まとまりなどもつくりやすいため、かなり使い勝手がいい。

ガチガチのスタイリングには相性が良くはないですが、量を増やせば問題なく作ることができます。そう考えるとかなり万能的に活躍できる。

https://wax.kazukikishi.com/wp-content/uploads/2019/05/IMG_2034-2.jpg
つま

とくにショートスタイルとの相性が良く、髪への絡まりが少なく、少し長めの髪でも問題なくつくることができます。

とはいえハードワックスの中では、セット力やキープ力は「中」ぐらい。そこまで強くないのでベリーショートぐらいの方は注意が必要です。

ガチガチではない分、使用感が良いハードワックスという印象で、目的や髪質(ヘアスタイル)と合えば使いやすいはず。

ヘアスタイル別おすすめ度
ベリーショート
(5.0)
ショート
(4.0)
ミディアム
(1.0)
ボブ
(1.0)
セミロング
(1.0)
ロング
(1.0)

 

ムービングラバーシリーズではどれを選ぶべきなのか?

https://wax.kazukikishi.com/wp-content/uploads/2019/05/IMG_2919.jpg
きし

では、ムービングラバーシリーズで一体どれを選ぶべきなのか分かりやすく目安についてもお話します。

シリーズを一通り使ってみたので、目安についてを分かりやすくお話します。

ぶっちゃけた話ですがムービングラバーはメンズ用スタイリング剤なので、全シリーズは共通として大体ハード(それほどセット力に違いはない)になっています。

まぁメンズによくあるベリーショートやショートをターゲットにしているので当然です。では何が目安になるのかと言うと、やはり質感によって使い分ける目安になります。とはいえ質感も多くあるわけでなく7つもある割に3つぐらいしか使える質感はありません。

こんな感じです。

さらに深堀りしていくと、ガチガチのパワーのあるスタイリング剤ができるワックスはありません。もちろんパワーはあります。

とくにしっかりしたスタイリングをしたいなら「グランジマット」がおすすめ。

マットな質感が嫌いな方でしっかりスタイリングしたいなら「スパイキーエッジ」がおすすめ。

ウェットな質感をつくるなら「クールウェット」がおすすめ。

それ以外はどれもそれほど変わりはありません。やはり市販性なので種類は多いですが、実際にそれほど使えるシリーズではないのが正直な感想です。

個人的な意見なので一つの目安にしてくださいね。

 

終わりに…

ワックスコンテンツのまとめ

この記事では、「ギャツビー ムービングラバー グランジマット」のスタイリング剤(ハードワックス)について書きました。

 きし
今回の記事では実際に使ってみましたが、使用感もよくパワーもあるバランスの良いハードワックスでした。

つま

ガッチリハードというわけではありませんので注意は必要です。
こんな人におすすめ
  • ショートスタイルの方
  • 使用感を含めたバランスのいいハードワックス
  • コスパの優れたアイテムを使いたい

グランジマットを使う前の参考にどうぞ。

 

最後に2つのおすすめ記事を紹介します。

1つ目の記事はメンズを中心におすすめするワックスランキング、2つ目にはレディース中心におすすめするワックスランキングを紹介しています。

スタイリング剤を探す時の参考にしていください。

こんな感じで以上です。

参考になれば幸いです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください