おすすめのスタイリング剤15選!

オーシャントリコ ワックスをレビュー!美容師が口コミ評価&成分解析の効果をレビュー検証

8 min
【オーシャン】「トリコ ヘアワックス(オーバードライブ)」を美容師が実際に使ったレビュー記事

評価:4

オーシャントリコの評価
セットのしやすさ
4.0
動き or まとまり
4.0
使いやすさ
4.0
総合評価
4.0
メリット
  • 遅乾性が高く使いやすい
  • まとまりやツヤ感を簡単につくれる
  • 価格が安い
  • 香りが良い
デメリット
  • セット力がやや低い
  • 女性には不向き

どうも、30種類以上の市販品のスタイリング剤をレビューしてきたきしです。

有名な美容室でもある「OCEAN TOKYO」。メンズを中心に圧倒的な人気を誇る原宿発の美容室のトップスタイリストたちが自宅でも再現できるワックスを作りました。

ドライでボリュームのある立体感を簡単につくることができるワックスです。

きし

きし

そこで今回の記事では、オーシャン トリコ オーバードライブを実際に使ってレビューしつつ、特徴なども分かりやすくお話していきます。
この記事の著者

美容ブロガー

きし かずき

Kazuki Kishi

PROFILE
プロフィール


運営者は、美容業界15年以上のキャリアがあり、当サイトの運営をしています。当サイトでは、主にシャンプー・洗い流さないトリートメント・スタイリング剤(ワックス)・ヘアマスク&ヘアパックなど美容に役立つアイテムのレビューをしています。約500種類以上のアイテムを使用、美髪つくりに役立つ情報発信をしています。株式会社Ll's. 代表取締役。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

【PR】

OCEAN TRICO(オーシャントリコ) ヘアワックス オーバードライブの
基本的な特徴と効果

【オーシャン】「トリコ ヘアワックス(オーバードライブ)」を実際に使ったレビュー記事

OCEAN TRICO(オーシャントリコ) ヘアワックスのスペック

ブランド名 OCEAN TRICO(オーシャントリコ)
製品名 ヘアワックス(オーバードライブ) 
分類 化粧品
商品区分 スタイリング剤
容量 80g
主な成分 キャンデリラロウ、シクロペンタシロキサン、マイクロクリスタリンワックス、カオリン、セテス-6、トリポリヒドロキシステアリン酸ジペンタエリスリチル、セテス-20、ステアリン酸、ペンチレングリコール、コハク酸ジエチルヘキシル、ベヘニルアルコール
香り ライジングウェーブ(ライトブルー)
生産 日本
メーカー OCEAN TRICO(オーシャントリコ)

今回の記事では、「オーシャン トリコヘアワックス(オーバードライブ)」を実際に使ってレビューします。

きし

きし

このワックスは、束感やボリュームを簡単に再現することができる超強力なハードワックスです。

ゆきな

ゆきな

オーシャントリコの特徴は、オーシャントーキョーの特徴スタイル“束感”を、自宅でも簡単に再現できるワックスです。

  • キープ力が強くヘアスタイルを1日持続
  • ベタつかないドライワックス仕様
  • ライジングウェーブ(ライトブルー)の爽やかな香り

ラフで男らしくバサッとした束感を演出。ワイルドな仕上がりで柔毛~剛毛まで相性が良い、今回のオーバードライブはシリーズ最強のセット力・ツヤを出さないスモーキーマットな質感をつくることができます。

OCEAN TRICO(オーシャントリコ) ヘアワックスのデザイン
マットな質感のハイクオリティ

【オーシャン】「トリコ ヘアワックス(オーバードライブ)」を実際に使ったレビュー記事
【オーシャン】「トリコ ヘアワックス(オーバードライブ)」を実際に使ったレビュー記事
【オーシャン】「トリコ ヘアワックス(オーバードライブ)」を実際に使ったレビュー記事
【オーシャン】「トリコ ヘアワックス(オーバードライブ)」を実際に使ったレビュー記事

マットなブラックカラーとホワイトカラーの2色が特徴となるトリコヘアワックス(オーバードライブ)。重さもほとんど感じずに安定した作りになっているのもポイント。見ているだけで高品質なのが分かるほどのマット感、手触りもかなりいい感じ。

有名な美容室が手掛けたアイテムということでサロン専売に負けず劣らずのクオリティ。見た目はシンプルですが高級感があり男性に好まれるデザイン性になっています。

OCEAN TRICO(オーシャントリコ) ヘアワックスの成分

商品の成分

水、キャンデリラロウ、シクロペンタシロキサン、マイクロクリスタリンワックス、カオリン、セテス-6、トリポリヒドロキシステアリン酸ジペンタエリスリチル、セテス-20、ステアリン酸、ペンチレングリコール、コハク酸ジエチルヘキシル、ベヘニルアルコール、エチルヘキサン酸セチル、水酸化K、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、カルボマー、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、加水分解ケラチン(羊毛)、ポリクオタニウム-51、フェノキシエタノール、メチルパラベン、香料

次に成分を見ていくと、ハードワックスとしてセット力が強めだけで、動きも作れるような成分内容になっています。

最近のワックスの主流になっている、キャンデリラロウ、マイクロクリスタリンワックスと伸びも良く、整髪力も高い人気の成分が構成。

その他にも使用感がよくなる成分もありますが、ハードなセット力に寄せられた内容に。

個人的には、ケラチンが構成されているのが気になります。それがどんな効果があるのか楽しみでもあります。

きし

きし

成分構成だけ見ると、ハードなワックスでセット力が強めな印象。使用感はそれほど良くはなさそうだが…。

と、実際に使ってみないと分からないので、本題でもあるワックスの使用感を見ていきます。

スポンサーリンク

OCEAN TRICO(オーシャントリコ) ヘアワックスを
実際に使用して効果を検証レビュー

こんなヘアスタイルに使ってみる
様々なヘアスタイルをバランスよく取り入れました。
  • 刈り上げ(ベリーショート)
  • トップには立ち上げを作れるぐらいの短さ(ショート)
  • 前髪は少し長めに設定(ミディアムショート)

美容師の経験を活かしてワックスレビューのためだけのヘアスタイルをガチカットしてみました。

  1. STEP

    第一印象や香り

    【オーシャン】「トリコ ヘアワックス(オーバードライブ)」を実際に使ったレビュー記事

    ライジングウェーブと、かなり爽やかな香り。

    個人的にはかなり好きな匂いです。

    【オーシャン】「トリコ ヘアワックス(オーバードライブ)」を実際に使ったレビュー記事

    実際に触ってみると、ハードワックスなのに柔らかめのテクスチュア。

    【オーシャン】「トリコ ヘアワックス(オーバードライブ)」を実際に使ったレビュー記事

    少し速乾性があるのか、手に出すと固まるのは早いかも。

  2. STEP

    実際の使用感

    【オーシャン】「トリコ ヘアワックス(オーバードライブ)」を実際に使ったレビュー記事

    指で触ると、伸びは良く使用感も良さそう。

    【オーシャン】「トリコ ヘアワックス(オーバードライブ)」を実際に使ったレビュー記事

    香りも広がってくれますが、少し強すぎる気もしますが、それでも心地良いぐらいの感じ。

  3. STEP

    髪への使い心地

    【オーシャン】「トリコ ヘアワックス(オーバードライブ)」を実際に使ったレビュー記事

    実際に髪へ使用してみましたが、髪への伸びも良く、それでいて速乾性もあるため、簡単にボリュームや立ち上がりが作れます。

    【オーシャン】「トリコ ヘアワックス(オーバードライブ)」を実際に使ったレビュー記事

    少しパリッというよりも、ドライワックス特有のガシっとした感じになります。

    【オーシャン】「トリコ ヘアワックス(オーバードライブ)」を実際に使ったレビュー記事

    今回のスタイリング時間は約1分ほど、束感やボリュームは数秒でつくることができます。

    【オーシャン】「トリコ ヘアワックス(オーバードライブ)」を実際に使ったレビュー記事

    とくにベリーショートの長さのバックはほとんどなじませるだけでもセットするぐらいに強力。

    【オーシャン】「トリコ ヘアワックス(オーバードライブ)」を実際に使ったレビュー記事

    このトップもつかんで握るようにセットしただけで、この立ち上がりです。

    【オーシャン】「トリコ ヘアワックス(オーバードライブ)」を実際に使ったレビュー記事

    動きや束感が好印象で、まとまりもかなり良い感じに再現できます。

  4. STEP

    どれくらいハード力が強いのか見てみる(振り回す)

    【オーシャン】「トリコ ヘアワックス(オーバードライブ)」を実際に使ったレビュー記事

    次にどのくらいキープしてくれるのか、かなりの速さで振り回しました。

    【オーシャン】「トリコ ヘアワックス(オーバードライブ)」を実際に使ったレビュー記事

    この速さで振り回しても、このキープ力。若干崩れはしましたがボリューム感は問題ありません。

  5. STEP

    どれくらいハード力が強いのか見てみる(強風を当てる)

    【オーシャン】「トリコ ヘアワックス(オーバードライブ)」を実際に使ったレビュー記事

    最後にドライヤーでガッツリと風を当ててみました。

    【オーシャン】「トリコ ヘアワックス(オーバードライブ)」を実際に使ったレビュー記事

    こちらはだいぶボリュームも崩れてしまい、少し残念。だいぶスタイルも崩れてしまったので、一日キープとは言えない感じです。

    とはいえ、これだけやれば崩れて当然かもです。十分なキープ力は感じられます。

  6. STEP

    まとめ

    全体的にまとめると…

    良かった
    • セット力もあり、キープ力もほどよくある
    • 動きや束感の作りがピカイチ
    • 香りが良くて大人男子になれる
    残念
    • 一日キープするほどのパワーはない
    • 価格が高め(市販での比較)
    • 髪への負担もまぁまぁある

OCEAN TRICO(オーシャントリコ) ヘアワックスの評価・総評
動きと束感をつくるのはピカイチ

POINT

アピールポイントにあるように動きや束感をつくるのに最適なハードワックス。立ち上げやボリューム感もつくることができるのでバランスも◎

実際に使ってみましたが、髪への伸びもよく、簡単にボリュームや立ち上げもつくることでき、束感やまとまりなどメンズに求められるスタイリングを簡単に再現できるアイテムになっています。

それでいて香りもいいので、オトナ男子に求められる部分も一つのアイテムで対応できるのも嬉しいポイント(しかも結構持続します)になります。

上記でもあるように、一日キープまでもいかないですが、かなりの長時間はキープできるパワーはあるため、ベリーショートやショートのスタイルなら間違いなくおすすめできます。

しかしパワーはある分、髪への負担もあるのは少し残念な感じ。少し長めのスタイルになってくるとスタイリング技術も少し必要になるので注意が必要です。

ゆきな

ゆきな

さらに、市販ワックスの中では群を抜いて価格が高い(ギャツビーやウーノなどと比較すると倍ぐらい)。

そのあたりは良く考えてみる必要があります。

スポンサーリンク

OCEAN TRICO(オーシャントリコ) ヘアワックスの使い方

使い方は至ってシンプルです。

  1. 手の平によく伸ばします(石けんで洗うようにしっかりと伸ばす)
  2. 後頭部からつけていきます(下からつけていく)
  3. 全体にのばしてつける(下からつけていく)
  4. あとは表面につけていく
  5. 細かいところをつまみながら動きをつける

手に残ったヘアワックスで、髪をずらしたりすることで動きをつくることができます。

使用量目安
 ショート 髪が多い
 使用量の目安 パール 1個分 パール 1.5個分

「ベース剤」と「フィニッシュ剤」で使い分けて使う

まずはベース剤とフィニッシュ剤について分かりやすくお話します。

  • ベース剤は髪の形をつくる時に使う下地
  • フィニッシュ剤は形をキープする時に使う

使い分けテクニックとは、まずソフトワックスで形をつくる、ハードワックスでキープをさせる、ハードスプレーで固めるということです。

ベース剤は基本ソフトワックス・ヘアセラム・ヘアクリームなどが効果的です。

多くの人のスタイリングの失敗は、ベース剤を塗布せずにフィニッシュ剤のみなのがほとんどです。ベース剤とはフィニッシュ剤を使いやすくするための言わば土台つくりのようなものです。

ソフトワックスは使いやすい、塗布しやすいのが特徴です。ソフトワックスを全体にしっかりとなじませることで、フィニッシュ剤をつけやすくします。

フィニッシュ剤はハードワックスです。

  • ベース剤の上からつける
  • ボリュームや動きの欲しい部分にのみつける

ベース剤をつけることによって全体にスタイリングがしやすい状態になっているので、ボリュームや動きをつける使い方もあります。

OCEAN TRICO(オーシャントリコ) ヘアワックスはどれがいい?

オーシャントリコのスタイリングシリーズは現在7種類あり、微妙な違いのあるヘアワックス5種類とウェット系1種類・ウルトラハード1種類があります。

  1. ヘアワックスエッジ
  2. ヘアワックスオーバードライブ
  3. ヘアワックスクレイ
  4. ヘアワックスエアー
  5. ヘアワックスナチュラル
  6. ヘアワックスシャインオーバー
  7. ヘアワックスジェット
商品名 商品イメージ 立ち上げ 毛束 ふんわり ツヤ感
エッジ ◎◎
オーバードライブ ◎◎
クレイ
エアー
ナチュラル
シャインオーバー ◎◎
ジェット ◎◎

前提としては、どれも使いやすいスタイリング剤で満足度は高いです。

それを踏まえた上で、個人的にはエッジ・オーバードライブ・クレイ・エアー・ナチュラルの5種類に関してはそれほど大きな違いはなくて、質感の微妙な違い程度です。それでも分からない場合はオーバードライブをおすすめします。

あとは、ベリーショートでとりあえずガッチリ系がいいならジェット・ウェットスタイリングならシャインオーバーといった感じが良いです。

オーシャントリコ ヘアワックスエッジ

空気感のあるシャープな毛束も変幻自在。

オーシャントリコ ヘアワックスオーバードライブ

どの髪型でも、束感と立ち上がりがキマる。

オーシャントリコ ヘアワックスクレイ

動かしやすく一日中セットが崩れない。

オーシャントリコ ヘアワックスエアー

ふんわりしたエアリーな束感を演出。

オーシャントリコ ヘアワックスナチュラル

ニュアンス・ルーズな動きを演出。

オーシャントリコ ヘアワックスシャインオーバー

ウェットスタイルをしっかりキープ。

オーシャントリコ ヘアワックスジェット

シリーズ最強のキープ力。

スポンサーリンク

OCEAN TRICO(オーシャントリコ) ヘアワックスのよくあるQ&A

トリコのおすすめはどれ?

A

髪質によって異なりますが、当ブログで使用したオーバードライブはおすすめです。

基本的に外れはないはず。

トリコの使い方はありますか?

A

普通のワックスと同じ使い方で問題ありません。

使用感もヘアワックスと同じなので、普通にお使いになってください。

トリコの別シリーズを混ぜて使うのはあり?

A

ありです。

むしろおすすめの使い方で、髪は伸びてくるので、状態と使いやすさを調節するテクニックです。

スポンサーリンク

OCEAN TRICO(オーシャントリコ) ヘアワックス オーバードライブのレビューまとめ

この記事では、「オーシャン トリコヘアワックス(オーバードライブ)」のスタイリング剤(ヘアワックス)について書きました。

今回の記事では実際に使ってみましたが、とくに束感や動きをつくりやすいワックスでした。

きし

きし

【オーシャン】「トリコ ヘアワックス(オーバードライブ)」を実際に使ったレビュー記事

OCEAN TRICO(オーシャントリコ) ヘアワックスのスペック

ブランド名 OCEAN TRICO(オーシャントリコ)
製品名 ヘアワックス(オーバードライブ) 
分類 化粧品
商品区分 スタイリング剤
容量 80g
主な成分 キャンデリラロウ、シクロペンタシロキサン、マイクロクリスタリンワックス、カオリン、セテス-6、トリポリヒドロキシステアリン酸ジペンタエリスリチル、セテス-20、ステアリン酸、ペンチレングリコール、コハク酸ジエチルヘキシル、ベヘニルアルコール
香り ライジングウェーブ(ライトブルー)
生産 日本
メーカー OCEAN TRICO(オーシャントリコ)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。ご質問やご感想は、以下までお寄せください。

お問合せ:こちらからお願いします。

当サイトの概要:くわしくはこちら

役立つまとめ記事

ビジネス・プライベートで、累計200種類以上のスタイリング剤を使用してきた経験を活かしてレビューします。

現在では、80種類のスタイリング剤をレビューしていますので、見やすくするためにカテゴリ別・髪質別・状態別にまとめ記事を作成しています。

とりあえず手っ取り早く良いスタイリング剤を知りたい方は、下の記事をチェック!

本当に良いスタイリング剤まとめ

市販品・サロン品を問わず「本当に良い」と思えたスタイリング剤だけを厳選してまとめました。

さらに、ジャンル・カテゴリ別に知りたい方は読み進めてください。

サロン専売品のスタイリング剤

美容室・美容院で販売されている専売品のみをまとめています。髪質や悩み別にまとめ、選び方や特徴なども解説しています。

市販品のスタイリング剤

ドラッグストアや薬局限定で販売されている市販品のみをまとめています。髪質や悩み別にまとめ、選び方や特徴なども解説しています。

男女別のスタイリング剤

女性のスタイリング剤で大事になるのは、美容室で「カット」や「パーマ」で形をつくり、自宅で「ブロー」や「アイロン」によって再現して、「スタイリング剤」動きやまとまりなど調整するためのもの、使いやすいものだけを集めてみました。

男性はヘアスタイルにもよりますが、今のスタイルを壊さず、キレイにかつ、髪の負担を減らすようなものが最も最適なのです。セットやキープ以外でも良いものだけを厳選

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。