とくに品質の高い「ワックス」ランキング

【サラサラつやつやで傷みにくい!】美容師がおすすめの「ストレートアイロンTOP8」

7 min
きし

きし

ストレートアイロン探しでお悩みのあなたへ。当記事では、美容師がおすすめする「ストレートアイロン」を初心者にでも分かりやすく、ランキング形式でご紹介しています。この記事を見ればお悩みを解決することができます。どうぞご覧ください。

  • おすすめのストレートアイロンはどれ?
  • アイロンをよく使うから髪にはいいの?

こういった疑問にお答えしていきます。

この記事の内容

美容師が教えるストレートアイロンランキングの解説

サラサラのストレートに憧れる…

くせ毛が気になる人でも、今や自宅でも簡単にストレートヘアを作ることもできます。

そのために重要になるのがストレートアイロンです。

でも、ドラッグストアや電気屋さんにはたくさんのストレートアイロンが並んでいます。

「自分にはどんなアイロンが合っているのだろう…」と悩む人は決して少なくありません。

そこで、美容師を10年以上経験したノウハウを活かして、おすすめのストレートアイロンを分かりやすくまとめてみました。

当記事では、美容師がおすすめするストレートアイロンをランキング形式にして分かりやすくお話します。

ストレートアイロンについて

きし

きし

まずはストレートアイロンについてお話します。

主にうねった髪を、ストレートのスタイリングを簡単につくれるアイテムがストレートアイロンです。

アイロンを使用する前に、アイロン各部分の名称もお話します

  1. カバー
  2. プレート
  3. グリップ
  4. コントローラー

とくに重要になるのが、上記の4つです。

髪をサラサラストレートにするためには必須アイテムです。スタイリングする時も便利なアイテムの一つです。

つま

つま

カバー

ストレートアイロンでは、前髪や髪の根本近くまでアイロンを持っていくので、カバーはとても重要になります。

とくにプレート部分は高熱なので、くせ毛が気になる人はこのカバーも重要になります。

プレート

そして、最も重要になるのはアイロンのプレート部分です。

価格が安いアイロンでは、このプレートで髪への負担が増えるために「摩擦のダメージ」や「熱のダメージ」になることがあります。

  1. テフロン(摩擦が少ない)
  2. セラミック(熱伝導に優れている)
  3. チタン(摩擦が少なく、衛生面も良い)

グリップ

ストレートアイロンは、挟んでプレート同士で髪をプレスして髪をまっすぐにします。

グリップが手の負担が少ないものにすることで、毎日のスタイリングがとても楽になります。

コントローラー

熱伝導を調整します。

毎日アイロンを使う際には、180度〜150度くらいで髪への負担は減らしましょう。

ストレートアイロンの選び方

きし

きし

次に、ストレートアイロン選び方のポイントをお話していきます。

美容師として10年以上ストレートアイロンを使っているので、選ぶポイントを分かりやすくお話します。

つま

つま

いくつかの選ぶ時のポイントをお話しますが、あくまで参考程度に考えてくださいね。

「2wayアイロン」は選ばない

2wayアイロンとは、コテアイロンとストレートアイロンが一つになっているものです。

アイロンとして利便性は高いのですが、「耐久性」と「髪への負担」があるのでおすすめしていません。簡単にいうと、良いとこどりしただけのアイロンで中途半端です。

使ってみたら、意外に不便だったりするのでおすすめはしません

価格の高いアイロンと価格の安いアイロンの違い

価格の高いカールアイロンと価格の安いアイロンの違いにはいくつかあります。

  1. プレート部分
  2. 温度
  3. ディティール

これらは、1〜2回ほど使うぐらいならはそれほど重要ではありませんが、毎日のスタイリングになると効果を実感してもらえるはずです。

重要になるのは「プレート部分」

そして、最も重要になるのはアイロンのプレート部分です。

価格が安いアイロンでは、このプレートで髪への負担が増えるために「摩擦のダメージ」や「熱のダメージ」になることがあります。

  • テフロン(摩擦が少ない)
  • セラミック(熱伝導に優れている)
  • チタン(摩擦が少なく、衛生面も良い)

そのためにあまり価格の安いアイロンを使うと、髪のダメージが蓄積しやすくてなり髪がダメージになります。

温度にはこだわらない

温度が高ければ高いほど、短時間でも巻き髪を作ることができる。

しかし、その裏にあるデメリットには高熱の大きなダメージがあります!

高熱によるダメージはパサつきの原因や、髪が硬くなってしまうことにも繋がります。

温度にはこだわらないようにしましょう。

ストレートアイロンを選ぶポイント
  1. 2wayアイロンは選ばない
  2. プレートをとくに重要視する
  3. 毎日のスタイリングを楽にさせるためにディテールにもこだわる
  4. ダメージを避けるためにはハイグレードモデル
  5. 温度にはこだわらない

上記を意識するだけでも、たくさんのアイロンの中からかなり絞られてくるので、失敗は減るはずです。

美容師が選ぶおすすめのストレートアイロン

きし

きし

それでは、美容師がおすすめするストレートアイロンランキングをご紹介していきます。

毎日毎日、使い続けてきたアイテムです。

美容師はハサミだけでなく、コテアイロンやこのストレートアイロンも毎日のように使います。そんなぼく達がおすすめするストレートアイロンです。

おすすめアイロン一覧
  1. リュミエリーナ
  2. ハッコー
  3. サロニア
  4. ヴィダルサスーン
  5. コイズミ
  6. 絹女
  7. クレイツ
  8. テスコム

この8つのメーカーのアイロンがおすすめです。

 

とはいえ簡単に良し悪しを決めることはできません、ヘアアイロンにも良い商品がたくさんあるからです。そこでおすすめのアイテムを簡易比較しています。

それぞれ一長一短あるので特徴を並べてみました。

(◎ = 一番良い ◯ = かなり良い △ = やや微妙 ☓ = 良くない)

商品名 おすすめ度 パワー 使用感 負担 コスパ

リュミエリーナ

★★★★★

アドスト

★★★★★

サロニア

★★★★☆

ヴィダルサスーン

★★★★☆

コイズミ

★★★★☆

KINUJO

★★★★☆

クレイツ

★★★☆☆

テスコム

★★★☆☆

ロングのくせ毛の私がモデルとなって採点しています。ご参考になればと思います。

つま

つま

それぞれを順に紹介していきます。

目次に戻る

1位 「リュミエリーナ」

まさに美容師といえばというのにふさわしいアイテムの「ヘアビューロン」です。

リミュエリーナの特有のバイオプログラミングが、使えば使うほど髪をキレイにしてくれます。

ただ高い!とにかく高い!しかし高いだけある最高級ストレートアイロンです。

価格的なことから賛否両論のあるヘアビューロンですが、使ってことがある人なら分かるのですが、とても使いやすいストレートアイロンです。

リミュエリーナラインナップ

  • 4DPlus
  • 3DPlus
  • 3D

いまは、「ヘアビューロンストレート4D Plus」が最新なのでおすすめですね。

ヘアビューロンストレート4D Plus

ヘアビューロンストレート 3D Plus

目次に戻る

2位 「HAKKO(ハッコー)」

ハッコーのストレートアイロンは、使いやすさの「操作性」にこだわっているストレートアイロンです。

アドストシリーズラインナップ

  • アドスト プレミアムDS
  • アドスト プレミアムワイドDS
  • アドスト プレミアムR DS
  • アドスト プレミアム DS2
  • アドスト DSプレミアムスリム

ショートからロングにまで、使っている人の負担を最低限にまでしている使いやすいストレートアイロンです。操作性も効果も高いので使いやすいです。

アイロンスタイリングが苦手だけど、くせ毛が強いって人にはおすすめのシリーズです。

アドスト プレミアムDS

アドストのオーソドックスなアイロン。スチームドレインがサラサラなストレートヘアにしてくれます。

アドスト プレミアムワイドDS

プレート部分が25mmから38mmまで広いので、ロングヘアのスタイリングがグッと楽になります。

アドストプレミアムR DS

プレート部分がR状になっているので、やわらかいストレートや、根本の立ち上がりをつけながらアイロンをすることができます。プレート部分が上下違う素材を採用しているので、スタイリングの負担を少なく、強いくせ毛をサラサラにしてくれます。

アドスト DSプレミアムスリム

プレート幅が、25mmから19mmまでスリムにしているので、ショートなどに適しているアイロンです。

目次に戻る

3位 「SALONIA(サロニア)」

サロニアは、とにかくコスパに優れているストレートアイロンシリーズです。お手頃な価格で使うことができるのでおすすめ。

サロニアシリーズ

  • ダブルイオンストレートアイロン
  • スチームモイスチャーストレートアイロン
  • ミニストレートアイロン

さまざまなストレートアイロンの種類があるので、髪質やくせ毛の強さによっても使い分けることができます。

ダブルイオンストレートアイロン

最高温度がプロ仕様の230℃になっているので、初心者にはおすすめできないですが上級者ならおすすめのストレートアイロン。

スチームモイスチャーストレートアイロン

スチームは髪にうるおいを与えながらサラサラにしてくれるのでしっとりしたスタイルにしてくれます。

ミニストレートアイロン

サロニアで最も人気になるのがミニストレートアイロンです。とにかく使いやすいの一言。

目次に戻る

4位 「VIDAL SASSOON(ヴィダルサスーン)」

ヴィダルサスーンは、スチーム系で髪のパサツキを抑えながら髪をキレイにするストレートアイロンです。

ヴィダルサスーンのシリーズ

  • スチームストレートアイロン
  • 超音波ミストアイロン
  • スチームストレートアイロン
  • ストレートアイロン
  • マルチへアイロン

「スチーム」「ミスト」「超音波」など、髪の水分不足を解消しながらサラサラにできる便利なストレートアイテムです。

髪の乾燥・パサツキが気になる人にもおすすめ。

スチームストレートアイロン

スチームによって髪の内部からストレートにするので、スタイリングの持続時間が長いアイロン。

超音波ミストアイロン

超音波ミストで、キューティクルを引き締めるストレートアイロンです。

ストレートアイロン

ロングヘアにおすすめするロングプレート型ストレートアイロン。

マルチへアイロン

プレートが4つもついているので、ストレートしながらカールもつくることができるのでやわらかいストレートヘアがつくれます。

目次に戻る

5位 「KOIZUMI(コイズミ)」

コイズミのストレートアイロンは種類も多くて、マイナスイオンベースなので髪への負担も減らしてくれるアイテムです。

アイロンラインナップ

  • マイナスイオンストレートアイロン
  • ストレートアイロン

アイロン自体も使いやすいので、毎日のストレスを軽減してくれます。

マイナスイオンストレートアイロン

ストレートアイロン

目次に戻る

6位 「KINUJO(絹女)」

シルクプレート、カールクッション、最高温度220℃、など使い勝手の良いストレートアイロンシリーズです。

髪への負担を最低限まで減らしています。

目次に戻る

7位 「CREATE(クレイツ)」

プレミアムクレイツイオン配合の「エレメア」と、ハイブリッドテクノロジーの「ハイブリッドストレート」の2種類から選びます。

クレイツは、操作性や快適性を高めたストレートアイロンです。

目次に戻る

比較表へもどる

8位 「TESCOM(テスコム)」

テスコムは、種類が多くて使い勝手のよいストレートアイロンシリーズです。

ストレートアイロンの使い方

きし

きし

ストレートアイロンの使い方も一緒にお話します。

いくら良いものを使っても間違った使い方をすれば髪に負担がかかるのでマスターしましょう。

つま

つま

リミュエリーナのビューロンの動画ですが、とても参考になります。

アイロンをあまり使ったことない人は見ながらすると、どんどん慣れていきます。

少量のオイルでキレイにします

水分をいれることで髪をキレイにします。

入れすぎるとダメージになるので、少量(半プッシュ程度)で毛先中心にしっかり馴染ませます。

髪を整える

乾いた髪をとかし、ほつれや抜毛を減らしアイロンのしやすさを格段にあげてくれます。

髪を束に分ける

ストレートしたい部分の髪を、上下ブロッキングして少量に分けます。

ストレートアイロンを髪に当てる

根本をプレートではさみ、真っ直ぐ毛先におろしていきます。あまり圧をかけないように優しくアイロンしましょう。

髪をとかすようにじっくりと滑らします。

毛先を何度もとかす場合は、温度を低めに設定(130℃推奨)

寝る前のヘアケアとして

就寝前に髪をとかすように、低温設定で2〜3回アイロンを滑らします。

ねぐせがつきにくくなる上に、摩擦も軽減されるので効果的です。

髪を立ち上げたいとき

立ち上げたい部分を、少量ずつプレートではさみ真上に向かって滑らします。

真上にアイロンをすることで、立ち上がりがついてナチュラルなストレートスタイルになります。

終わりに

きし

きし

美容師がおすすめするアイロンをまとめてみました。

どれもが良いアイテムなので、あとは自分の髪質や悩みにあったものを使うようにしてあげましょう。

つま

つま

アイテムの性能的にはリュミエリーナのヘアビューロンがダントツですが、価格的に初心者に不向きな内容になっています。

どのアイロンも使いやすいものなので、「どのアイロンを使えばいいのか?」って迷った時には、ここの8シリーズは間違いがないのでおすすめです!

アイロンと合わせて洗い流さないトリートメントも良いものを使うことで、髪の負担も減りキープ力もアップします。

こんな感じで以上です。

ご参考になれば幸いです。

関連記事