おすすめテクニック!ジェルとワックスを混ぜる3つのスタイリング!

5 min
きし

きし

当記事では、専門家が教える「ワックスとジェルを混ぜるテクニック」というテーマで初心者にでも分かりやすくお話しています。この記事を見れば悩みを解決することができます。

きしです。

「1から学ぶ美髪つくりの方法(スタイリング編)」の8回目の記事になります。

前回の記事では、ワックスの使い分けのテクニカルな話をお伝えしました。

重ねて使うテクニックと同じく、混ぜて使うテクニックもかなり活躍できるテクニックです。

個人的にもよく使うので、ショートからミディアムまで幅広く効果が期待できます。

ジェル(ハードスタイリング剤)だと質感が固すぎるんだけど、ワックスだとツヤ感が物足りない…。って時はどうしたらいいかな?

こういった悩みにお答えしつつ、テクニカルな話を分かりやすくお話します。

この記事の内容
  • ジェルとワックスを組み合わせるテクニック
  • 組み合わせる特徴とメリット
  • それぞれのポイント

スタイリングに関する悩みを抱える人は多いです。そんな時に便利なテクニックとして、ジェルとワックスを組み合わせてスタイリングするテクニックがあります。

これがまた良い質感をつくりだしてくれる上に、スタイリングもしやすいスタイリング剤を、自分好みに調節できるのでとても使い勝手が良いのです。

そこで当記事では、専門家が教えるジェルとワックスを組み合わるスタイリングテクニックを丁寧に分かりやすくお話していきます。

スポンサーリンク
この記事の著者
この記事の著者

ブロガー

きし かずき

Kazuki Kishi

ブロガー

ゆきな

Yukina

プロフィール


運営者は、美容業界15年以上、従事しており当サイトの運営をしています。当サイトでは、主にシャンプー洗い流さないトリートメントスタイリング剤(ワックス)ヘアマスク&ヘアパックなど美容に役立つアイテムのレビューをしています。約500種類以上のアイテムを使用、美髪つくりに役立つ情報発信をしています。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

プロフィール


運営者は、美容業界15年以上のキャリアがあり、当サイトの運営をしています。当サイトでは、主にシャンプー洗い流さないトリートメントスタイリング剤(ワックス)ヘアマスク&ヘアパックなど美容に役立つアイテムのレビューをしています。約500種類以上のアイテムを使用、美髪つくりに役立つ情報発信をしています。プロフィール詳細 レビューガイドライン・理念

ワックスとジェルの違い

【ピアセラボ】「カルドール アクアジェリーパウダーM」のジェルワックスを美容師が実際に使ったレビュー記事
きし

きし

まずはワックスとジェルのそれぞれの違いについてお話していきます。

ワックスとジェルには大きな違いがあって使い分けをしているスタイリング剤です。

ゆきな

ゆきな

スタイリング剤のカテゴリとしても違いがあるジェルとワックス。

それぞれの特徴

ワックスの特徴

  • セット力が弱いものから高いものまで
  • ドライ・マットな質感になる
  • 粘度が軟らかく初心者向け

ジェルの特徴

  • セット力が高い
  • ウェットな質感になる
  • スタリング力が必要になり上級者向け

ジェルとワックスの違いはいくつかありますが、大きな特徴の一つには「ドライ」か「ウェット」の質感の違いが1番大きなポイントです。

さらに、ワックスはさまざまな種類もあり初心者〜上級者まで愛用している剤ですが、ジェルはその特異性からか中級者〜上級者向けの剤となっています。

本来は、使い分けることで質感をコントロールしてスタイリングをワンアップさせることができます。

その使い分けするワックスとジェルを組み合わせる(混ぜる)ことでスタイリングが格段にしやすくなるということです。

【PR】最強のヘアケアセット

 LaSana Premior 

 ラサーナ プレミオール 

 Shampoo 

 プレミオール シャンプー 

 Essence 

 プレミオール エッセンス 

トータルバランスの優れたヘアケアセット。洗浄性と保湿性に優れ、初めての方に嬉しいトライアルセットが最強のコストパフォーマンスになっているので、ぜひ使ってみてほしい一品

Shampoo&Treatment【レビュー記事】【公式
Essence【レビュー記事】【公式

 Premior 

  プレミオール 

 シャンプー&エッセンス

トータルバランスの優れたヘアケアセット。洗浄性と保湿性に優れ、初めての方に嬉しいトライアルセットが最強のコストパフォーマンスになっているので、ぜひ使ってみてほしい一品

Shampoo【レビュー記事】【公式

Essence【レビュー記事】【公式

混ぜて使う「3つのテクニック」

きし

きし

次に本題でもある、ジェルとワックスを組み合わせるスタイリングテクニックについてお話していきます。

男性はもちろん、女性にでも使えるので、質感をスタイリング剤で作りたい人におすすめのテクニックです。

ゆきな

ゆきな

そもそも「なぜ混ぜるのか? 組み合わせるのか?」のか、

今回のテーマの一番のメリットには、自分の好みのちょうど良い(質感・固さ)スタイリング剤をつくるということがあります。

ぼく自身もさまざまなスタイリング剤(100種類以上)を使ってきましたが、自分の髪質にピッタリ合う使用感・セット力などに巡り合うことはありません。

さらにショートともあれば、髪が伸びてくることによって相性の良い加減は変化します。

その時々において、ワックスを調整できるのは大きなメリットとも言えます。

組み合わせテクニックのメリット
  • 剤自体の質感を変えられる
  • 分量によって調整することができる
  • ヘアスタイルによって変えられる
  • 髪が伸びてきてもスタリングがしやすくなる

ワックスもジェルもそれぞれの特性があるので組み合わせることで、1番メリットがあるのはスタイリングがしやすくなることです。

MEMO

とくにメンズは長さや毛量が伸びてくることてスタイリングがしにくくなりますが、組み合わせることでスタイリング剤の調整をすることができるので、悩みを解消することができます。

スタイリングがしやすくなるというのを詳しくお話すると、各スタイリング剤にはデメリットというものがあります。

デメリット

  • ソフトワックスはセット力が弱い
  • ハードワックスはセットがしづらい
  • ワックスはウェット感がよわい
  • ジェルはマット感がでない

スタイリングのしやすさ、剤の伸び加減、質感やキープ力などさまざまな要素です。これらを組み合わせて自分好みに調整する、これがジェルとワックスを混ぜることの最大のメリットとなります。

① 組み合わせの法則

違うスタイリング剤を混ぜるテクニックでポイントになることは3つあります。

  1. まずは欲しい質感を理解する
  2. ソフト+ハードが基本
  3. しっかり馴染ませる

それぞれを分かりやすくお話していきます。

組み合わせ具体例
  1. ジェル(2):ワックス(1)ジェルの質感寄せ
  2. ジェル(1):ワックス(2)ワックスの質感寄せ
  3. ジェル(1):ワックス(1)中間

「ジェルの特徴が好きだけど、もう少しスタイリングしやすくしたい」という悩みがあるのならば、①がおすすめ。

「ワックスの特徴が好きだけど、もう少しツヤ感が欲しいなぁ〜」という悩みがあるのならば、②というような好みになります。

慣れてくると、細かな調節で自分の好みにしたりもしますが、この「基本の法則」を理解しておくと目安になります。

ぼくがジェルを使う時は、

ジェル(1):ワックス(4)の割合

で使います。髪自体が細毛、ミディアムの長めなのでワックスのほうが多めです。

髪質によって調節を入れたりすると、ちょうど良い感じをつくれたりもしますのでおすすめです。

こういう自分の好きというか、求める質感を理解しないと、適当に混ぜてしまうと失敗します。

こればかりはスタイリングの回数をこなして慣れていき、理解する必要があります。

② ジェルとワックスを混ぜるのは「ソフト+ハードが基本」

基本はソフト+ハードか、ハード+ソフトなどの組み合わせが基本となります。

ダメな例
  • ハードジェル+ハードワックス

スタイリング剤のハードタイプで共通しているのが「速乾性」が高いことです。

そのためにハードとハードを組み合わせると、どれだけスタイリングが上手くても、髪への負担が大きいだけでなく、スタイリング自体が失敗します。

ジェルは特に速乾性が高いので、できるだけ使いやすいジェリーなどがおすすめです。

それぞれの特徴を活かすために、ワックスorジェルどちらかはハードでどちらかはソフトというようにしましょう。

③ ジェルとワックスは「しっかりと混ぜて馴染ませる」

【ピアセラボ】「カルドール アクアジェリーパウダーM」のジェルワックスを美容師が実際に使ったレビュー記事

ジェルとワックスを混ぜる時には、両方のスタイリング剤をしっかりと混ぜわせるということが大切です。

しっかりと混ぜ合わせて、馴染ませることで、それぞれの特徴を上手く活かすことができるのです。

この「しっかり」というのがとくに重要になります

混ぜるポイント
  1. 先にワックスを手の平で伸ばしておく
  2. 次にジェルを手の平に伸ばしていく
  3. 人差し指でワックスをジェルと馴染ませていく
  4. 次に手の平全体でしっかりと混ぜ合わせる

見ていただくと分かりますが、伸ばして伸ばして馴染ませます。

くどいぐらいに混ぜると言っていますが、それほど重要です。

ワックスは固形タイプなので固めのものをチョイスすると混ざりにくくなります。さまざまな硬さのあるワックスで自分に合ったものを選ぶのがおすすめです。

髪が短い時は、ハードでも良いですが長くなってくるとソフトに移行させるようにすると、スタイリングがとてもしやすいです。

ジェルだけでなくワックスも活用

ワックスとジェルは、ウェット感を維持しつつスタイリングしやすいという特徴があります。それはワックス同士でもメリットがあります。

  • ハードとソフトの組合せ
  • 割合によって固さを調整
  • スタイリングのしやさがアップ

たくさんのスタイリング剤を活用することができるテクニックになります。

スポンサーリンク

おすすめのスタイリング剤

おすすめのスタイリング剤を4つほど紹介します。

単品でももちろん使えますし、まぜることでヘアスタイル関係なく使うことが便利なスタイリング剤ばかりです。

ハードワックスなら「REDEN(リデン)」

ヘアワックス フリーズキープ

「REDEN(リデン)ヘアワックス フリーズキープ」を実際に使った評価レビュー【市販】

使いやすさ: ★★✮✮☆

使用感  : ★★✮✮☆

コスパ  : ★★✮☆☆

一言でいうと

セット力+キープ力+香りのヘアワックス!

  • 輝くツヤを実現
  • ベタつき軽減
  • 爽やかなマリンムスクの香り

ほどよいセット力で、自分が実現したいように、髪をホールドしてくれます。マリンムスクの香りが、長時間持続することで大人男子を演出。

実際に使ってみましたが、めちゃくちゃ使いやすいのにしっかりしているスタイリング剤でした。

具体的には、揮発性が高いので、手に取ったときはやわらかいので髪への伸びが良い上に手直しもしやすく、それでいて、スタイルが決まったときにはガチッとホールドしてくれる

とくにミディアムショートぐらいの長さの方にとっては重宝するヘアワックスとなるはず。

そして、シリコンなどのポリマー成分が豊富なのか、少量でもしっかりツヤ感や動きを作ってくれるので猫っ毛やくせ毛の方のスタイルを壊さずにスタイリングできるのもポイント。

スタイリング剤のヘアワックスとしては、非常に使いやすい性能をしていました。

さらに、少量でスタイリングできる上に、水とも馴染みやすいため、シャンプーする前のお湯すすぎだけでも簡単に落ちてくれるため、髪の負担も少なく長期に渡って使っていきたいと思えるヘアワックスでした。

香りが売りになっていたリデンでしたが、個人的には少し弱かったかなと思っています。もう少し強かっても良かったですね。

ゆきな

ゆきな

とはいえワックス臭さは一切なくて、長時間つけていても臭わないのは良かったです。香りは良くも悪くもなかったので、少し期待ハズレ程度だったので、ワックスとしては優秀です。

気になる方はぜひお試しください。

同じくハード「doreshia(ドレシア)」

グラスプワックス

【ミルボン】「ドレシア グラスプ」のヘアワックスを美容師が実際に使ったレビュー記事

使いやすさ: ★★✮☆☆

使用感  : ★★✮★☆

コスパ  : ★★✮★☆

一言でいうと

快適に使えるハードワックス

  • 立ち上がり・動きを強調
  • 決まりすぎないテクスチュア
  • 揮発性のオイルで乾きを抑制

揮発性のオイルが乾燥したあと、アクリル系ポリマーが皮膜をつくりしっかりと立ち上がりをキープ。

【ミルボン】「ドレシア グラスプ」のヘアワックスを美容師が実際に使ったレビュー記事

実際に使ってみましたが、揮発性が高いクリームワックスなのスタイリングがしやすくて、乾くとしっかりとキープできるのでバランスが高いアイテムとなっています。

髪を傷めにくくするために、天然由来成分のキャンデリラロウを中心にワックスのわりには、たくさんの成分が構成されています。

そのため、根本からしっかりと揉み込むこともできるため、男性やショートの女性にはおすすめできる内容に。

個人的には香りが気に入っていて、フルーティーな感じがするため、少し多めにつけても臭くなりにくいです。

つま

つま

ジェリーなら「CarreD’or(カルドール)」

アクアジェリーパウダーM

【ピアセラボ】「カルドール アクアジェリーパウダーM」のジェルワックスを実際に使ったレビュー記事

使いやすさ: ★★✮✮☆

使用感  : ★★✮☆☆

コスパ  : ★★✮☆☆

一言でいうと

ハイクオリティのジェリー!

  • デュアルパウダーテクノロジー採用
  • 粘着性が抑えられメリハリの効いた躍動感をつくれる
  • フレッシュフローラルバニラの香り

パウダーが溶け込んだウォーターベースのジェリーで、くっきりとした毛流れやタイトなシルエットづくりに加えて、ワックスでスタイリングしているかのような自由なスタイリングができます。

実際に使ってみましたが、かなり品質が高いジェリーになっていてメンズからレディースまで使うことができます

使用時は、揮発性が高くソフトワックスを使っているような使用感なのに、スタイリングしてから時間が経つとガッチリとホールドしてくれる、とおよそ理想通りのアイテムになっています。

ソフトな使用感なのでいくらでも手直しができるし、量を少し増やせばよりセット力を高めることもできます。

ジェリー特有の使用感の良さと、ガッチリとホールドしてくれるセット力はかなりおすすめの内容になっています。

とはいえベリーショートのようなガチガチに…というのは少し物足りなさを感じるはずです。あくまでもショートからミディアム(ボブ)ぐらいのスタイルにおすすめのアイテムです。

きし

きし

このアイテムを実際に使ってみましたが、かなりおすすめできるアイテムなので気になる方はぜひ使ってみてください。

グリースなら「SPIKYgreax(スパイキーグリース)」

No.23

使いやすさ: ★★✮✮☆

使用感  : ★★✮☆☆

コスパ  : ★★✮☆☆

一言でいうと

快適に使えるウェットワックス

  • 全7種類の幅広い質感調整ができる
  • ハードなスタイリング剤なのに水やお湯で簡単に洗い流せる
  • ウェットな質感も簡単につくれる

ツヤのある質感も簡単に作れて、簡単に落とせるスタイリング剤です。基本的にはハードが多いので、メンズにおすすめのヘアワックスです(1種類だけ女性用もあります)。

実際に使ってみましたが、使いにくいアイテムですが、その他で補って余るほどのスペックの高いスタイリング剤です。

セット力も高く、キープ力しっかりしています、それでいて動きやまとまりといった柔らかい質感も簡単につくれるため、さまざまなメンズでも活用することができます。

多少のスタイリング技術は必要になりますが、使いづらさにも慣れると少し長めのショートヘアのメンズにも問題なく使用することができます。なによりも甘い香りが個人的に好きな印象です。

女性にも好かれる大人メンズの香りも簡単に作れるのもポイントの一つです。それでいてウェットや他のシリーズではマットな質感も作れるので間違いなく品質は高いです。

加えてですが、サロン専売品の中でも価格は安めで、入手がしやすい価格帯なのも嬉しいポイントになります。

スポンサーリンク

あとがきとFAQ

きし

きし

ジェルとワックスを混ぜるテクニックはコツを掴めばそれほど難しくなくて、むしろ便利なスタイリングになります。

簡単に可愛くカッコよくするスタイリング術をぜひマスターしてくださいね。

ゆきな

ゆきな

ジェルとワックスを混ぜるテクニックについてまとめてみました。

まとめると…
  • 基本の法則を知る
  • ソフト+ハードが基本
  • しっかりと混ぜ合わせるのが鉄則

ワックスの割合はどのくらいがいい?

A

まずは、半分半分で調整してみてください。あとはウェット感やハード感の好みで少しずつ多くしたり減らしたりしてみるといいです。

グリースとジェリーはどっちの方がいい?

A

グリースの方がセット力が強め、ジェリーの方が伸びが良くウェット感も強め、好みに合わせて選ぶといいです。個人的にはジェリーの方が使い勝手はいいような気がします。

ワックスのあとにジェルでもいい?

A

もちろんいいです。ですが混ぜてからスタイリングした方がムラがなくなりやすいです。ワックスの後だと、ジェルの付けムラが生じやすいです。

ジェルと水を混ぜるのもあり?

A

ありです。さらにウェット感が強くなります。ただし水が多すぎるとボリュームがつくりにくいので注意が必要です。

これらのことを意識すると、それほど難しくなくスタイリングすることができます。

さらに、その日のスタイリングの感じでジェルの量を多めにしたり、ワックスの量を多めにしたりと混ぜるのも奥が深いです。

それだけでなく、仕上げにジェルだけでスタイリングするとウェット感が出せたり、ワックスだけでスタイリングすると動きが出せたりと、スタイリングの幅もさらに広がります。

今は、1つのスタイリング剤だけでなく、複数を組み合わせることで、スタイリングが楽しくなります。

「組み合わせテクニック」をマスターしたら「使い分けテクニック」にもチャレンジしてみましょう、とてもおすすめです。

きし かずき

きし かずき

ヘアケアコンサルタント

きしろぐ運営者。美容業界にて15年以上従事、累計500件以上の美容アイテムを使用。髪に関することが得意。、シャンプーや、トリートメントワックスなどのレビューもしています。

FOLLOW

カテゴリー:
Amazonでお得に買う方法

もしアマゾン(Amazo)でちょっとでもお得に買い物するなら、アマゾン内で使えるAmazonギフト券のチャージ(購入)をおすすめしています。

現金でチャージするたび、チャージ額に対して最大2.5%分のポイントがもらえるんです。

1回のチャージ金額通常会員Prime会員
5,000〜19,999円0.5%1.0%
20,000〜39,999円1.0%1.5%
90,000円〜2.0%2.5%

Prime会員なら絶対に使うべきです、むしろ使わなきゃ損です。加えて、今なら初回チャージだと1000円分のポイントがもらえるキャンペーンあり!!

きし

きし

Amazonで買い物するなら、このチャージが便利でお得です!

\ 最大21%!驚異の還元率! /

コンビニ・ATM・ネットバンクが対象

関連記事を見る
スポンサーリンク
関連記事